ダイエットに一度は成功したものの、リバウンドをしてしまったという話はよく聞きます。
日本に限っていえば、ダイエットの経験がある人の、実に60%以上がリバウンドしていると言われています。
見過ごせない数字だと言えるのではないでしょうか。

何度もダイエットをしているけれど、その度にリバウンドをして困っているという体験談も、珍しくはないようです。

ところでリバウンドとは、具体的にはどのような現象または状態を表すのでしょうか。
リバウンドとは、ダイエット等で減らした体重が、急激に元に戻ったり、元より体重が増えてしまうという状況のことです。

リバウンドとダイエットを交互に経験している人は、いずれ、ダイエットがしづらい体になってしまうと言われています。
ダイエット方法が間違っていると、痩せるつもりがさらに太るということにつながってしまいます。

ダイエットとは、体重にまで痩せるばかりでなく、減らした体重をそのままにしておくということも大事になります。

リバウンドが起きるのは、人体のどんなメカニズムによるのでしょう?
リバウンドしてしまうのは、いろいろな原因があります。
なぜ人の体がリバウンドするかがわかれば、リバウンドを避けてのダイエットを実践することが可能でしょう。

リバウンドは、ダイエットをする人の多くが経験していることですが、その背景には停滞期があります。
停滞期とは、ダイエット経験者なら、経験がある方が多いのではないでしょうか。

初めの頃はスムーズに減っていた体重が、ある一定の期間を過ぎると急に減らなくなります。
この期間のことを、一般的に停滞期と呼んでいるのです。脂肪がつきやすい状態を停滞期と言うわけではありません。

停滞期は、ホメオスタシスという体の機能が、生命維持の為に一気に体重が落ちるのを抑えているのです。
食事量を減らした目的が体重のためだといっても、体はカロリー補給が途絶えたことを一時的なトラブル発生だと判断します。

体内でできるだけエネルギーを使わないようにして、生き延びようとホメオスタシスが頑張るのです。
そしてエネルギーをなるべく、消費させないようにするのです。
そのため、リバウンドが発生しやすくなります。

ダイエット中にホメオスタシスの機能を抑える方法はないのでしょうか。
例えば、急激に体重を減らすのではなく、月々はいくら多くても2キロぐらいに体重減少を抑えたり、食事制限もあまり過激にはしないということです。
リバウンドのないダイエットをしたなら、単なるダイエット方法以外にも知るべきことがあります。

レプチンと満腹感が、ダイエットをすることで、リバウンドを促してきます。
ダイエットを行うと、満腹感の感じ方にも変化が出てきます。

脂肪細胞が脂肪を吸収するとレプチンがつくられ、脳にある満腹中枢に信号を送り出します。
食事制限をしていると、体内のレプチンの量か減少します。
常に空腹感を感じていることになるので、ちょっとしたきっかけでたくさん食べてしまいます。
その為、リバウンドしやすくなってしまうのです。

燃焼するカロリーと、食事などで得るカロリーの差が、ダイエットにつながります。
消費カロリー量がホメオスタシスの効果で減少している時に食事をすれば、余剰カロリーが出て体重は増えます。

レプチンの分泌量が減って、満腹になりにくいとつい食べ過ぎてカロリー過剰になってしまいます。
使うカロリーと、取り入れるカロリーのバランスが悪ければ、リバウンドの原因になってしまいます。

リバウンドのないダイエットをしたいなら、停滞期になっても、これまでどおりのダイエットを続けることです。
そして、早くこの停滞期から脱出する為には、運動が有効です。

消費カロリーを増やすためには、基礎代謝を高くする筋肉を体につけることが大事であり、そのことがダイエット時のリバウンド予防につながります。

減量しづらい体質になっている時に、ダイエットをどのように行うかが、成功に導くためには重要です。
体がこの低消費モードになっていると、食事の制限をして摂取するカロリーを抑えたとしても、ダイエットに成功することはあります。
消費するカロリーが、体内に取り入れるカロリーより多ければ、結果的に体重は減少します。

つまり、摂取するカロリーの量をとことんまで減らせば、あとは消費するカロリー量次第で体重は減ると思う人もいます。

しかし、人間の体は遭難などといった緊急事態に備えて、極端に食事量を減らしたりすると低消費モードになるようになっているのです。
次に何があった時にも備えられるように、体脂肪を増やそうとする機能も、同時に働き始めます。

こうなるとダイエットが難しくなるのは、脂肪の燃焼率も低くなってしまうことからです。

この低消費モードを解除して、ダイエットを成功させる為にはどうしたら良いのでしょうか。
ダイエットを成功させるには、適度な運動を行うことが大事になっています。

人間の体は、筋肉量が多いほど基礎代謝が増えます。
運動で筋肉をつけ、基礎代謝が上がれば一日に使うカロリー量が増えます。

基礎代謝量が増加すると、特に運動しなくても消費される基本的な代謝が増えることになるので、摂取カロリーを極端に減らすことなくダイエットをすることができるようになるわけです。
適度な運動でカロリーを使い、食事は適量を摂取しカロリーオーバーを防げば、ダイエットを成功に近づけることができます。

体を動かし、筋肉を適度につけることが、ダイエットを成功させるためには必要です。
筋力をアップさせるには、どのような運動をダイエットに取り入れたら良いのでしょうか。

筋トレをして筋肉をつけると聞くと、筋肉がつきすぎてボディラインがいびつになってしまうのではないかと考えて、ためらってしまうという人もいます。

目的がダイエットであれば、筋トレといってもさほどハードなものではないので、気にすることはありません。
ダイエットに必要なのは、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動と、マラソンや筋力トレーニングといった無酸素運動を組み合わせたものです。

一週間に2回か3回の有酸素運動及び無酸素運動を続けることで、徐々に消費カロリー量が多くなり、ダイエットがしやすい体になると言われています。
ウォーキングは、有酸素運動の中でも比較的簡単にできる運動です。運動が得意ではないという人でも、軽い気持ちでチャレンジできるでしょう。

ウォーキングに慣れてきたら、ジョギングをしてみましょう。
ジョギングも簡単にできるようになったという人は、筋トレを一週間に1回くらいのペースで行うようにすれば、効果がアップします。

運動に慣れない時は、嫌々運動を続けていると、いずれストレス過多な状態になります。
ダイエット中のストレスは挫折の原因になるので、極力ストレスを溜めないようにする事もダイエット成功には必要なことです。

運動のダイエット効果を底上げし、ダイエットを成功しやすくするには、運動をする前に、サプリメント等でアミノ酸を摂取することです。