大根足や足のむくみ、上半身と比べて太くみえがちな下半身に対し
コンプレックスを抱いていませんか?

脚痩せしようと思って、普通にダイエットをする感覚で体脂肪率や
体重を減らしても足は全く変わっていない
・・・といったケースは
珍しくありません。

あなたも何度も経験したのではないでしょうか。

そこで注目されているのが、美脚ケアだけでなく、脂肪燃焼、血行
促進、骨盤矯正などが期待できる、加圧式レギンスの「ビレッグ
です。

しかし、ビレッグの偽物が出回っていたり、大きさが合わないとか
うまく穿けないなどといった苦情をブログで見かけますし、結局は
何の役にも立たなかったという失望の声も少なくありません。

一方、「顧客満足度98%」は眉唾ものだとしても、ビレッグに満足
した人は数多くいます。

この違いは、どうして起こるのでしょうか?
詳しく調べてみました。

ビレッグ公式サイトURL
https://cielomall.com/

ビレッグの口コミは?

まずは、ビレッグ利用者の口コミを集めました。

良い口コミ

普通のレギンスと
どこが違うのかと
言いますと、それは加圧力です。

これはビレッグ(BiLeg)を
使ったことがある人にしか
わからないと思いますが、
ビレッグ(BiLeg)は
横方向にあまり伸びません。

横方向に伸びないと言うことは、
それだけ締め付けが
強いと言うことです。

履くだけで脚がスラッとして
見えるので、
普段のファッションに
取り入れるべきアイテムですね。

ファッションに取り入れれば
毎日履きやすいですし、
自然に長時間着用する環境を
作れます。

ビレッグを履き始めて
2ヶ月でした。
ビレッグを履く前と比べると、
-6.8キロです!

ちょっと入るか不安でしたが
ひざあたりもしっかり伸びて
くれたので、
全然余裕ではいりました。

買う前に気になったのが、
サイズだったんですよね。

着圧レギンスは、フリーサイズで
あることが多いので
心配は要らないかもしれませんが
極端に太っていると
ちょっと無理があるかもしれません。

そして生地の見た感じは、厚手です。

でも、はく人によって伸び具合が
変わってくるので
薄い、厚いの差はありそうです。

サラサラした手触りで
はくと体にフィットして
気持ち良かったです!

窮屈さがないので、
動きやすく寝る前にも
ピッタリだと思いますよ。

冷え性の私には、
ヘビロテ間違いなしの
アイテムですね。

BiLeg-ビレッグを履いて
1ヶ月半くらいした頃、
セルライトが少なくなって
太ももが引き締まりました。

洋梨体型をすっきりしたくて
美脚レギンスを購入して、
今ではもう手放せない
美脚レギンスとなり
これがあればモデルのような脚に
変身できると信じています!

悪い口コミ

本当に微妙な商品でした。
なかなか美脚にはなれないですね。

というのは、
ただ単に足が細くなる=美脚
というわけではないからです。

そもそも
細い足にするというだけでも
かなり難しいというか大変だな、
と思います。

ネットでの口コミを見て
下半身痩せにいいと
書いてあったので
購入しましたが
締めつけがきつく
とても履いてられませんでした。

また1ヶ月使用しましたが
あまり効果が得られませんでした^^;
ここの口コミを見てから
買うべきでした…

よくダイエット食品などにある
返金保証がありません。

効果を期待して3着購入しましたが、
肌に合わず失敗したと思います。

最初は1着だけにした方がよかったと
思います。

ビレッグの評価は?

口コミサイトなどでの評価をまとめました。
口コミ件数が少なすぎたり、明らかにステマ、逆ステマと思われる
ところは掲載していません。



サイズが合わないので低評価、履いても痩せないので低評価という
ものもありましたが、それなりに満足度は高いようです。

また、ダイエットアイテムラボが行った調査によると、


出典:ダイエットアイテムラボ

と、全体の92.5%がビレッグを穿いて痩せたと回答しています。

>>ビレッグの詳細はこちら

ビレッグの特徴は?

ビレッグには、以下のような特徴があります。

  • 6段階脂肪圧縮システム
  • 脂肪燃焼促進素材
  • リンパマッサージ効果
  • 血行促進効果
  • 骨盤矯正効果

6段階脂肪圧縮システム

ウエストから足首にかけて、部位ごとに異なる圧力を掛けます。
この圧力は、5年間にかけて研究開発が行われた成果です。

その結果、リンパや血液の流れを促すことで、

  • リンパマッサージ効果
  • 血行促進効果
  • 骨盤矯正効果

などが促進されることで、脚痩せをサポートします。

締め付けが強すぎるとリンパや血液の流れを促すどころか、流れを
止めることになりかねません
ので、適度な圧力を見極めるのに長い
時間を費やしていることがわかります。

足のむくみや冷え性で悩む人にも嬉しいですね。

脂肪燃焼促進素材

ビレッグで使われている繊維は、

  • ナイロン91%
  • ポリウレタン9%

の2種類のみです。

繊維自体に、脂肪燃焼を促進する素材が編み込まれているわけでは
ありません。

5年かけて開発された編み込み技術により、脂肪燃焼を促進できる
ようになりました。

ナイロン85%、ポリウレタン15%という割合の着圧下着が多い中
で、ビレッグがあえて割合を変えている理由の一つと言えます。

サイズは?

ビレッグはフリーサイズのみです。

フリーサイズはM~Lサイズの中間となります。
9~11号あたりと考えるとわかりやすいかもしれません。

ヒップ:85cm~98cm
身長:150cm~165cm
あたりが、ビレッグが着用できるかどうかの目安となります。

このため、細すぎる/太すぎる人がビレッグを着用すると、サイズ
が合わないために穿けなかったり、締め付けが弱すぎる、強すぎる
という結果
になりかねませんので注意してください。

ビレッグは「サイズが合わない」という理由での返品は受け付けて
いません
ので、体に合わないと思ったら買わないほうがいいです。

>>ビレッグの詳細はこちら

ビレッグの効果的な使い方とは?

ビレッグで満足できる結果を得るためには、どのような履けばいい
のでしょうか?

そのポイントは以下の3点です。

  • 着用時間を伸ばす
  • 適度に着脱する
  • 下半身を積極的に動かす

着用時間を伸ばす

ビレッグはエステや整体ではありませんので、30分や1時間程度で
足が細くなることはありません。

肌トラブルや、血流が止まりそうな程の強い圧迫感を感じなければ
できるだけ長く着用し続けたほうがいいです。

ビレッグは日中だけでなく就寝中も着用できますので、汚れや臭い
などが気にならない程度で履き続けるといいでしょう。

適度に着脱する

その一方、ビレッグを24時間連続して履き続けるよりも、適度に
圧力から解放される時間もあるほうがメリハリができていいです。

ビレッグを入浴中に着用することはないでしょうし、自宅にいる間
は足を休ませるためにビレッグを脱ぐなど、あなたの都合に合った
使い方をするといいでしょう。

下半身を積極的に動かす

ただビレッグを穿いているだけでも構いませんが、足を動かすよう
にすると、さらに効果的です。

下半身の筋トレやジョギングなどをする時間がなくても、日常生活
の中で歩く時間を増やしたり、むくみ対策のマッサージ、手間なく
簡単に行える数分程度のエクササイズなどでも構いません。

下半身を動かすことで活性化しますので、ビレッグとの相乗効果が
期待できます。

>>ビレッグの詳細はこちら

ビレッグの効果が期待できない場合は?

ビレッグはフリーサイズですから、サイズが合わない人は着用する
ことさえできなかったり、着用しても満足できる結果が得られない
という結果になりますので注意してください。

また、化学繊維に対するアレルギーが有る人は、ビレッグを着用し
続けることで、肌荒れや赤み、痒みなどの肌トラブルを感じるかも
しれません。

同様に、アトピー性皮膚炎などで悩んでいる人も肌トラブルを悪化
させるおそれがありますので、化学繊維でトラブルが起こった経験
がある人は、ビレッグを使用しないほうがいい
でしょう。

妊娠中は使用してはいけない?

妊娠中は普段よりもむくみが激しくなったり、脂肪が溜まりやすく
なることから、下半身が太りやすくなる傾向が見られます。

定期検診などで肥満妊婦と指摘されるようになると、ダイエットを
しようかと考えるわけですが、お腹の中の赤ちゃんのことを考える
と、思い切った食事制限はできませんよね。

かといって、ジムで体を鍛えたり、水泳やジョギングでカロリーを
消費するのも難しいことから、手間を掛けずに実践できるビレッグ
のような着圧グッズを使いたくなるものです。

しかし、ビレッグは、お腹まで引き上げて使いますので、お腹の中
の赤ちゃんまで圧迫される
ことになりかねません。

販売元では、妊娠中も使用できるとは回答していますが、圧迫感が
強いと、胎児が窮屈な思いをするだけでなく、成長の邪魔をしたり
潰れてしまうなどのリスクもありますので、特に妊娠後期は避けた
ほうがいい
でしょう。

胎盤への締め付けがない着圧ソックスを着用したほうがいいです。

着圧ソックス「ビキャクイーン」は脚痩せ効果なし?破れた?

ビレッグを産後ダイエットで使う分には問題ありませんので、出産
してからのお楽しみにしておくのもいいかもしれません。

>>ビレッグの詳細はこちら

ビレッグとメディキュットでは、どちらがいい?

ビレッグが気になる人はメディキュットも気にしていることが多い
ようです。

1997年に販売を開始して以降、日本国内ではトップシェアを維持
し続けていますし、ドラッグストアやスーパーなどでも手軽に購入
できるため、気になるのも当然でしょう。

商品ラインアップもメディキュットのほうが圧倒的に豊富です。

それに、以下のような口コミもありました。

しばらくビレッグをやめて、
メディキュットを
使用してましたが、
メディキュットの方が
断然細くなりました。

値段を考えると、
一般的に知られてるメーカーの
ものを買った方が安心ですし、
いいかなと思います。

メディキュットはサイズがMからLLまで選べますので、着用できる
可能性はビレッグよりも高い
です。

メディキュットのほうが足のサイズに合うのであれば、脚やせ効果
を感じるのではないでしょうか。

値段もメディキュットのほうが安いことから、手軽に試すのにいい
と思います。

なお、着圧は、ビレッグのほうが細かく設定されています。
このため、ビレッグのほうが良かったという人もいました。

>>ビレッグの詳細はこちら

>>メディキュットの詳細はこちら

ビレッグの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ビレッグは、どこで買うことができるのでしょうか?

販売元に確認したところ、店頭販売は行っていないとの回答でした。
つまり、通販限定商品となります。

自社運営の通販サイトで買えるとのことでしたが、他の通販サイト
でも購入できるかどうかを調べたところ、調査時点では

  • amazon
  • 楽天市場

で買えることがわかりました。

在庫状況や競合店舗などの影響によって価格は上下するため、常に
安く買えるとは限りませんが、運良く安く買えたらラッキーです。

公式サイトでの販売価格は、以下のようになっています。

枚数 価格(税抜) 備考
1枚 3,980円 送料800円が必要
2枚 5,960円
(1枚2,980円)
送料800円が必要
3枚 8,940円
(1枚2,980円)
送料無料
6枚 14,900円
(1枚2,483円)
送料無料

なお、ビレッグの偽物が出回っています。
間違って買わないように十分に注意してください。

また、購入後の返品や交換は不良品のみが対象です。

サイズが合わないとか気に入らないなど、個人的な理由での返品は
できませんので注意してください。

>>ビレッグを公式サイトで購入する