非加熱の穀物麹をはじめとして、9種の穀物、3種の麹菌と業界でも
トップクラスの配合量をほこる「うらら酵素」。

加齢とともに酵素不足に悩む中高年ダイエッターに重宝されている
そうですが、酵素ドリンクがブームの時に飲んだけど不満だったり
酵素サプリで何の効果もなかったので諦めた経験があったりすると
うらら酵素も同じようなものじゃないかと疑いたくなりますよね。

うらら酵素について、詳しく調べてみました。

うらら酵素

うらら酵素公式サイトURL
https://shop.erufle.jp/urara/

うらら酵素の口コミ・評判は良い?悪い?

まずは、うらら酵素利用者の口コミを集めました。

良い口コミ

ダイエット目的でうらら酵素を飲んでます。

たくさんの種類の酵素が
1つのカプセルに
しっかり入っているので、
毎日飲むことで
しっかり効果を実感する
ことができます。

私はうらら酵素を飲んで
2ヶ月で5キロのダイエットに
成功しました。

うらら酵素を飲み始めて
1ヶ月ちょっと経ちましたが、
お肌の調子が良くなっている
実感があります!

腸内環境が良くなると、
肌の化粧ノリが良くなるって
聞いたことがあるんですけど、
まさしくその状態ですね!

ちょっとあった
おでこのポツポツとか
小鼻の汚れが
目立たなくなっています!

肝心のダイエットの方も順調で
1ヶ月で2kg痩せています!

ムダ肉が気になりだしたので
食事制限とちょっとした運動を
するようにしました。

そしたら、今までダイエットを
した時よりも効果がすぐに現れて、
1週間で2Kgも一気に落ちました。

酵素はダイエットには
欠かせないんだなと
気付かされた瞬間でした。

悪い口コミ

2ヶ月間毎日飲み続けましたが、
体重に変化がありませんでした。

運動や食事制限はせず、
うらら酵素だけを
飲み続けました。

なので、サプリだけでは
痩せないと思います。

結局運動や食事制限を
しないといけないなら
サプリを飲む必要は
ないんじゃないかな?
と思います。

これだけで痩せようってのは甘い。

本気で体重を落としたいのなら、
うらら酵素+運動+食事制限は
必要だと思う。

うらら酵素を飲みはじめてから
1袋が終わるくらいに
なんとなく朝の目覚めが
スッキリすると感じる程度です。

即効性はありません。

もともと薬を飲むのが
苦手だったのもあるのか、
うらら酵素のハードカプセルは
私には飲みづらく感じます。

なので、効果は半減するかもですが、
ハードカプセルから
中身を取り出して
水と一緒に飲んでます。

それでも飲みづらいですけど。

うらら酵素の評価は?

次に、口コミサイトなどでの評価をまとめました。

引き続き、調査を進めてまいります。

>>「うらら酵素」の詳細はこちら

うらら酵素に含まれている成分は?

「うらら酵素」の原材料および食品添加物について調べました。

原材料

  • 穀物麹(白米、大麦、赤米、玄米、粟、キビ、黒米、
    タカキビ、ヒエ)植物発酵食品(寿穀麹酵素
  • 植物発酵エキス(デキストリン、糖蜜、黒砂糖、
    オリゴ糖、ヨモギ、ウコン、ドクダミ、ハスの葉、
    高麗人参、その他)(合計273種類
  • 酵母ペプチド
  • 酒粕(酒粕酵母:レジスタントプロテイン
  • 穀物発酵エキス(ダイジェザイム
  • デキストリン
  • マルトデキストリン
  • 乳酸菌(殺菌)
  • 乳酸菌末

寿穀麹酵素

寿穀麹は、バイオジェニック株式会社が開発した麹発酵食品です。

9種の穀物(白米、大麦、赤米、玄米、粟、キビ、黒米、タカキビ、
ヒエ)を独自の割合でブレンドし、白麹菌、黒麹菌、黄麹菌と3種
の活きた麹菌で仕込んでいます。

寿穀麹酵素の中には30種類以上の酵素が配合されており、体内で
消化や分解を促進するはたらきが期待できるものばかりです。

合計273種類の植物発酵エキス

うらら酵素には273種類もの植物発酵エキスが配合されています。

その内訳としては、

  • フリーズドライさせた39種類の非加熱発酵エキス
  • 234種類の醸造発酵エキス

となっており、酵母だけでなく、栄養分も豊富に含まれます。

酵母ペプチド


出典:ビーエイチエヌ株式会社

酵母ペプチドは、韓国の高麗大学で研究開発が行われている物質で
あり、これまでに以下の3種類が開発されました。

  • DNF-10(食欲抑制効果)
  • NoTress(ストレス緩和やPMS対応)
  • YGF(骨伸長効果)

うらら酵素では、どの酵母ペプチドが使われているのか明記されて
いませんが、ダイエット時の物足りなさにアプローチするとのこと
で、「DNF-10」が使われているものと思われます。

ダイジェザイム

「ダイジェザイム」は、サビンサジャパンコーポレーションが販売
している小麦ふすま発酵エキスです。

小麦ふすま由来のアミラーゼをはじめとしてセルラーゼ、リパーゼ
プロテアーゼ、ラクターゼなどといった消化酵素が豊富に含まれて
いるのが特徴的です。

常温で30ヶ月間にわたって保存しても酵素活性が失われないなど、
数多くのメリットが存在しています。

酒粕レジスタントプロテイン

レジスタントプロテインは、タンパク質でありながらも食物繊維の
はたらき
をするというユニークな機能があります。

レジスタントプロテインは酒粕以外にも、そばや絹たんぱく、大豆
に含まれていますが、酒粕に含まれているレジスタントプロテイン
は、コレステロール低下作用や肥満抑制作用等の効果
が確認されて
います。

2種類の乳酸菌

うらら酵素には、以下の2種類の乳酸菌が配合されています。

  • シンデレラ乳酸菌H-61株
  • ナノ型乳酸菌nef

シンデレラ乳酸菌(H-61)は、エヌ・シー・コーポレーションが
商標を取得していますが、畜産草地研究所の研究により老化を抑制
する作用があることが明らかになっています。

ナノ型乳酸菌nefは、エンテロコッカス・フェカリスを(株)IHM
の特許製法により分散化処理したことで、体内に吸収しやすくした
ナノ型乳酸菌です。

その他

デキストリンはデンプンが分解して生成されたものです。

デンプンそっくりなものもあれば、麦芽糖に近いものもあったりと
さまざまですが、無名の「デキストリン」は糖質になることが多く
水溶性食物繊維の「難消化性デキストリン」とは異なります。

マルトデキストリンは、糖質補給に欠かせない成分ですが、そんな
ものが含まれていたら太るのではないかと心配しますよね。

デキストリンやマルトデキストリンは、あえて配合したというより
は、植物発酵エキスの中に混ざることが一般的なために、原材料と
して表示しているというのが真相です。

配合量も少なく、それほど影響はありません。

逆に言えば、筋肉増強サポートサプリのように、高配合されている
わけではありませんので、筋トレサポートに使うのには難しいかも
しれませんね。

>>「うらら酵素」の詳細はこちら

食品添加物

  • 結晶セルロース
  • HPMC
  • カラメル色素

好ましいとはいえ、非常にそっけないですね。
カプセルを作るのに必要なものが配合されています。

カラメル色素は天然着色料として使われています。

発がん性を指摘する人がいますが、1日約3,000本のコーラを60年
飲み続けて、ようやく発がんリスクが出てくる程度のレベルの話と
現実味に乏しいことから、気にする必要はありません。

アメリカカリフォルニア州では、独自にコーラ飲料水を1ビン程度
飲む程度の量(4-メチルイミダゾールの1日あたり16μg)を上限
と定めていますが、WHOが1日あたり100mgまでなら摂取しても
よいというのとは、あまりにもかけ離れた数値であることから裁判
沙汰になっている状況です。

>>「うらら酵素」の詳細はこちら

副作用の心配は?

うらら酵素には副作用の心配はないのでしょうか?

まず、心配されるのが、食物アレルギーです。

うらら酵素で使われている原材料のうち、特定原材料7品目と特定
原材料に準ずる20品目に該当するのは、

  • 大豆
  • バナナ
  • やまいも
  • オレンジ
  • ごま
  • りんご
  • キウイフルーツ
  • カシューナッツ
  • 小麦
  • 乳製品

となります。

一覧に書かれていない原材料が多いことから、全体の把握が難しい
面もありますが、食物アレルギー特有の症状が出た場合には、使用
を中止するようにしてください。

アナフィラキシーが出た場合、最悪の場合、死亡するおそれがあり
ますので、アナフィラキシーショックが出たらすぐに救急車を呼ぶ
ようにしましょう。

また、過剰摂取は下痢や腹痛などを起こす可能性があります。

飲み忘れたからと言って、複数日分をまとめて飲むとか、効き目を
強くしたいからと大量に飲むのはやめましょう。

1日2粒程度が目安となっています。

>>「うらら酵素」の詳細はこちら

うらら酵素を効果的に飲むためには?

若い頃と同じように運動や食事制限を行っても、年をとるに従って
ダイエットできなくなってきた
と感じていませんか?

身体が痩せ型で、これ以上はダイエットしても成果が期待できない
というのであればまだしも、肥満気味になってきて、今までと同じ
ようにダイエットをしても、以前のようには痩せなくなってきたと
いう場合には、体内の酵素に着目したほうが良いでしょう。

年をとると、体内の基礎代謝をサポートする代謝酵素の一部が消化
酵素として活動
する必要があるため、代謝酵素が不足することから
基礎代謝が低下する傾向が見られます。

その結果、基礎代謝を増やそうと思って筋トレをしたり、カロリー
消費を促進する有酸素運動を頑張っても痩せにくくなるわけです。

この対策として、年をとるほどに酵素を補給する必要が高まります
が、食べ物に含まれる酵素の量は加工食品が増えるに従って、減少
し続けています。

そこで役立つのが「うらら酵素」です。

うらら酵素は健康食品ですから、薬とは異なり、飲む時間が厳密に
決められているわけではありません。

つまり、うらら酵素をいつ飲んでも構わないわけですが、多くの人
がオススメしているのが、食前です。

酵素や酵母、乳酸菌などが補給された状態で、食事で摂取した食物
を消化吸収できる
からです。

うらら酵素は1日2粒程度の摂取が目安とされているため、毎食前に
飲むと過剰摂取になる心配があります。
どこか1回で構いませんし、2回に分けて飲んでもいいでしょう。

もちろん、食事の際に飲むのが難しいのであれば、寝る前や起床後
など、あなたが飲みやすい時間帯で続けても構いません。

飲んだり、飲まなかったりするほうが厄介だからです。

>>「うらら酵素」の詳細はこちら

うらら酵素の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

「うらら酵素」は、どこで購入できるのでしょうか?

販売元に確認したところ、店舗販売はしていないとのことでした。
つまり、通販限定の商品となります。

「うらら酵素」は楽天市場でも購入できますが、公式サイトで購入
するほうが安くなります。

単品購入時の価格は以下のようになります。

袋数 価格(税抜) 1袋あたり価格
1袋 6,980円 6,980円
2袋 13,260円 6,630円
3袋 18,850円 6,283円
5袋 27,920円 5,584円

これよりも安いのが定期購入です。
初回無料、2回目以降は1袋4,980円で続けられます。

単品、定期購入とも、送料680円が必要です。

定期購入の最低購入回数は4回となりますが、初回受け取り後15日
以内に連絡すればペナルティ無しでの定期解約が可能
です。
(初回無料のため、返金保証ではありません)

>>「うらら酵素」を購入する(単品・定期)

定期購入の解約方法は?

うらら酵素の定期購入には最低購入回数4回のしばりがついており
15日間の定期解約保証を除いては途中解約はできません。

4回目を受け取った後であれば、いつでも自由に解約可能です。

うらら酵素の定期購入を解約するには、どのような手続きが必要に
なるのでしょうか?

現在は、電話のみでの受付となっています。

連絡先:0570-010-500
受付時間:平日10:00~18:00(土休日除く)

お盆期間中(8/11~8/15)もお休みになります。
解約手続きは電話のみで完了します。

15日間定期解約保証の窓口も同じです。

なお、毎月の締切日は次回発送日の10日前です。
早めに手続きを行うようにしましょう。

>>「うらら酵素」の詳細はこちら