「キミエホワイト」が「キミエホワイトプラス」にリニューアルを
したのは2016年ですが、主なポイントをまとめました。

  • 飲む量が1回2錠から1錠に減った
  • それにも関わらず成分量は増加
  • Lシステインは配合許容量の上限
  • 疲労や肌荒れにも改善効果

このリニューアルで本当に効くようになったのでしょうか?
調べてみました。

キミエホワイト

キミエホワイトプラス公式サイトURL
https://kimie-white.com/

キミエホワイトプラスの口コミ・評判は良い?悪い?

まずは、キミエホワイトプラス利用者の口コミを集めました。

良い口コミ

ほかの医薬品やサプリは、
1ヶ月分と謳っていても
30日分しか入っていないですが、
こちらは31日分入っているから、
きっちり1ヶ月分服用できるのが
良いですね。

お値段も良心的で続けやすいです。

使ってみると、たしかに少し
しみがましになったと
感じています。

前までは、コンシーラーを
何度も塗って厚化粧を
していたのですが、
そんなにコンシーラーを
使わなくていいかなと
思えるようになりました。

また、ビタミンCも含まれて
いるため、肌の調子も元気に
なったように思います。

副作用などのマイナストラブル
もなく、引き続き使い続けよう
と思っています。

家族からも表情が明るくなったね
と言われて嬉しいです。

若干ではありますが
薄くなっているような
気がします。

まだ飲み始めて
1か月経っていませんが、
少しでも変化があったのは
飲み続けるモチベーションに
なります。

悪い口コミ

2週間ちゃんと飲んでも
肌のハリは良くなった感じは
ありますが、
肝心のシミは消えないじゃん!
ちゃんと飲んでるのにぃ~(怒)

ツイッターとか
ネットの口コミを見ても、
すごい効きますよ?みたいな
良い口コミばっかり。

結局は売り込みじゃん?
信用はできません。

若い頃日焼けを
たくさんしていたせいか
30代に入ってから
シミが一気に増えてきました。

かなりたくさんのシミが
出来たので焦って
シミにアプローチしてくれる
と言うキミエホワイトを
購入してみました。

半年間飲み過ぎましたが
特に目立った効果はありません。
残念ですが続けるのはやめます。

口コミ評判まとめ

リニューアル前の「キミエホワイト」は酷評だらけでした。

中身も悪ければ、売り方も最悪といった具合に、他社製品のほうが
いいと思えるのも当然と思えますね。

このため、キミエホワイトプラスでは過去の反省を踏まえたのか、
配合成分の見直しはもちろんのこと、従来の押し売りのような販売
方法をすることもなくなりました。

その結果、キミエホワイトプラスに対するプラス評価が増えてきた
ようですが、過去の悪評はWebサイトなどでも簡単にみつかります
ので、そう簡単には払拭することはできません。

キミエホワイトプラスの評価は?

口コミサイトなどでのキミエホワイトプラスの評価をまとめました。

アットコスメでは、リニューアル前のキミエホワイトの頃から掲載
しているために、リニューアル前の星1点台の影響が残っています。

従来品を2年、3年と飲み続けていても全く改善しなければ、評価が
低いのも当然でしょうね。

キミエホワイトプラスだけを見ると、評価しない人は別として0点
が一人、3点が一人、それ以外の6人は4点以上
と高評価です。

調査時点では、アットコスメ以外に見つかりませんでした。
今後も調査を続けてまいります。

>>「キミエホワイトプラス」の詳細はこちら

キミエホワイトプラスに含まれている成分は?

キミエホワイトプラスは第3類医薬品ですから、有効成分と添加物
に表記がわかれています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

有効成分

キミエホワイトプラスは医薬品のため、成分名だけでなく配合量も
明記することが義務付けられています。
微量でも入っていれば表示可能なサプリメントとは違います。

キミエホワイトプラスの有効成分を一覧に並べました。
1日分(3錠)当たりの配合量を示しています。

成分名 配合量 備考
L-システイン 240mg 許容量上限まで配合
アスコルビン酸 500mg ビタミンCのこと
パントテン酸カルシウム 24mg

L-システインとアスコルビン酸でメラニン色素の新たな発生を防ぐ
だけでなく、既にできたメラニンの排出を促します。

パントテン酸カルシウムは、肌のターンオーバーを促進させること
で、メラニンの排出をサポートするはたらきがあります。

その結果、しみやそばかすの改善だけでなく、にきびや、かぶれ、
湿疹などの改善も期待できますし、疲労感の改善にも役立ちます。

添加物

  • セルロース
  • 無水ケイ酸
  • トウモロコシデンプン
  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • タルク
  • ステアリン酸マグネシウム
  • ポリビニルアルコール・アクリル酸・
    メタクリル酸メチル共重合体
  • ヒプロメロース
  • 酸化チタン
  • カルナウバロウ

錠剤を作るために必要な成分ばかりですね。

タルクは添加物だけでなく、化粧品でも使われている成分です。

タルクにはアスベストが含まれているから危険といった話を聞いた
ことはありませんか?

アスベスト、タルクともに、成分的には同じ「珪酸マグネシウム
から出来ていることから、こんな危険な物質を添加物として認めて
いるなんて、アスベスト被害の深刻さが表沙汰になっている状況に
おいてフザケルナと言いたくなったかもしれませんね。

薬害エイズと同じ罪を重ねるのか厚労省!
などと言いたくなるのも当然でしょう。

当然、厚労省も何もしないで放置したり、薬害エイズのように見て
見ぬふりをすることはせず、タルク自身の安全性を確認した上で、
アスベストを一切含有しないものだけが流通するように行政指導を
行っています。

参考:タルクへの石綿含有可能性調査結果について
https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/10/h1016-3.html

薬に含まれるタルクで癌になる心配はないといえるでしょう。
短絡的にタルクが入っているから危険だと煽るのも問題です。

>>「キミエホワイトプラス」の詳細はこちら

副作用の心配は?

キミエホワイトプラスには副作用は存在しないと断言している人も
いますが、医薬品ですから体質や体調によっては副作用が出ます。

キミエホワイトプラスで明記している副作用は、

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 発疹

の4種類です。

体調不良を感じたら、キミエホワイトプラスの服用を中止して体調
が回復するのを待つか、症状がひどい場合は医師の診察を受けると
いいでしょう。

リニューアル前の「キミエホワイト」や、「ロスミンローヤル」を
飲んだ人が、肝機能障害を起こしたケースが報告されています。


極めて珍しいケースだそうですが、全くの無害ではないことは理解
できるのではないでしょうか。

過剰摂取

早く効き目を実感したいからと言って過剰摂取をすると、副作用が
強くなるおそれがあるため、やめたほうがいいでしょう。

肝臓への負担が大きくなりますし、メラニン色素の排出が強くなり
すぎて髪の毛が白くなるといった症状が出る可能性があります。

他のサプリや薬との飲み合わせ

キミエホワイトプラスとロスミンローヤルや、ホワイピュアなどの
同種の薬を同時に飲むと、それぞれの薬で用法用量を守っていても
結果として過剰摂取になる恐れがありますので、やめたほうがいい
でしょう。

また、他の薬やサプリなどと一緒に飲んだり、数時間程度の時間差
で飲んだとしても、効き目が強くなりすぎたり、かえって弱くなる
場合
もあります。

慢性疾患などで、薬で血液中の成分をコントロールしている場合は
本来の効き目が出せないと、生命に関わる事態になる可能性もあり
ますので、事前に、医師や薬剤師に確認しておくと安心です。

>>「キミエホワイトプラス」の詳細はこちら

キミエホワイトプラスを効果的に飲むためには?効果的な使い方は?

キミエホワイトプラスは医薬品ですから、服用するタイミングや量
は厳密に決められています。

1日3回、毎食後1錠づつです。
(食事が済んで約30分以内のことを「食後」といいます)
また、15歳未満は飲んではいけません。

サプリメント同じ感覚で用法用量を無視した服用をすると副作用が
出たり、体調不良を起こす可能性がありますのでやめましょう。

例えば、1日2食や1食を続けているから、3錠まとめて飲めばいい
と考えるかもしれませんが、1回2錠以上をまとめて飲むと効き目
が強くなりすぎるため危険
です。

キミエホワイトプラスは、しっかりとした食事の後以外に、お菓子
などを食べた後でも胃袋の中に消化物がある状態であれば服用して
構いませんので、1日2食以下の人は間食の時間などを使って飲む
といい
でしょう。

しかし、前回の服用時間との間が短すぎるのも問題ですから、ある
程度の時間をあけてからキミエホワイトプラスを飲むといいです。

また、キミエホワイトプラスは医薬品ですが、シミやそばかすなど
を瞬時に消し去る即効性はありません。

肌のターンオーバーに合わせてメラニン色素を排出したり、新たな
生成を防ぐことから、少なくともターンオーバー周期は様子を見る
必要
があります。

即効性を期待するのであれば、コンシーラーやファンデーションで
隠すしかありません。

>>「キミエホワイトプラス」の詳細はこちら

キミエホワイトプラスの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

キミエホワイトプラスは、どこで買えるのでしょうか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

つまり、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティ
ストアなどでは購入できませんし、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などの通販サイトでも売られていませんでした。

つまり、公式サイトのみでの販売となっています。

価格は1箱4,200円(税抜)ですが、初回に限り1,900円(税抜)
と安い
です。

知らないうちに定期購入に切り替わる心配はありません。
安心してください。

>>「キミエホワイトプラス」の詳細はこちら

970円、980円で買えないの?

キミエホワイトプラスが1980円なんて高すぎる、970円、980円
で買いたい
と思っていませんか?

検索エンジンでもキーワードとして出てきます。

こんな具体的に値段が出てくるのは地方局やBSなどで流れている
テレショップ番組や新聞広告などを見た影響かもしれません。

しかし、この価格での販売は、バーゲンセールをやっているような
ものですから、いつも開催されているわけではありません。

BSテレビ局などで、キミエホワイトプラスに関する通販番組が放映
されるタイミングを狙うか、運良く新聞の折込チラシや新聞広告に
掲載されるタイミングを待つしかありません。

しじみ習慣ほどに頻繁にCMをしてくれたらチャンスは多いですが、
キミエホワイトプラスは少なめです。

見てもないものを「見た」と言って電話をかけていっても、販売元
は、いつ、どこに広告・宣伝をしたかを全て把握していますので、
オペレーターに「割引販売は終了しました」と言われます。

970円、980円で買うには実際に見て電話するようにしましょう。

>>「キミエホワイトプラス」の詳細はこちら

まとめ

キミエホワイトの頃と比べて、キミエホワイトプラスは劇的に改善
した印象
です。

ホワイピュアやロスミンローヤルと比べても、金額・品質的に互角
以上だと言えるのではないでしょうか?

以前は当たり前のように行っていたゴリ押しの電話営業もなくなり
ましたし、無理に定期にされないのも好印象ですね。

初見さんはもちろんですが、キミエホワイトで嫌な目にあった人も
キミエホワイトプラスは再チャレンジする価値がありますね。

>>「キミエホワイトプラス」の詳細はこちら