男性用オールインワン「ZIGEN オールインワン フェイスジェル
は、保湿力の高さと、短時間でスピーディーにスキンケアが行える
という手軽さから、雑誌やWebサイトなどでのレビューや各種ラン
キングなどでも高く評価されている基礎化粧品です。

男性用と書かれてあるのにも関わらず、女性利用者が意外に多い
いうのも一つの特徴と言えるでしょう。

フェイスジェル

しかし、「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」への高評価や
絶賛が並んでいると、逆に胡散臭いと感じるのも当然でしょう。

オールインワンは保湿力が足りないというのが、女性用化粧品では
一般的な意見
ですから、明らかにオカシイと思いますよね。

特に乾燥肌やインナードライだと、全く潤いが足りないという苦情
が山のように出てくる状況です。

女性の肌質で考えると、男性は大半が「乾燥肌」「インナードライ」
だといっても過言ではないため、特に保湿力不足は深刻です。

食べログなどを見てもわかるように、ステマや口コミ、ネガキャン
などのヤラセが行われているのが当たり前
とも言える状況ですから
にわかに信じることはできません。

果たして、「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」は、本当に
使い物になるオールインワン化粧品なのでしょうか?

ZIGEN オールインワン フェイスジェル公式サイトURL
https://www.zigen-shop.com/

ZIGEN オールインワン フェイスジェルの口コミ・評判は良い?悪い?

まずは「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」利用者の口コミ
を集めました。

良い口コミ

ZIGENはダントツ最強の保湿持続力
を持っていると言えます。

信じられない結果ですが、事実です。

もし疑いの目があるなら、
是非ともスキンチェッカーを使い
ZIGENの保湿持続力を
試してみて下さい。

また、私の場合は
ニキビにも効果があり、
ものすごく短期間で
ニキビが小さくなりました。

ZIGENはとにかく保湿力が抜群です。

肌がベタつかないのに
モチモチという、
化粧品としては理想的です。

隠れ女性ユーザーが多いと
いうことも頷けました。

どんな化粧品を使用しても
肌が乾燥する方、
午後になると肌がギトギトして
しまうオイリー肌の方など、
特に肌質に左右されず
使える化粧品ですが、
そうした方には
使用価値が高い化粧品
であると言えます。

中身はまさしくジェル。
半透明色の、ぷにょっとした
半液体状だ。

クリームよりも伸ばしやすく、
水のように垂れたりしないので
塗りやすい。

つけ始めはぺちょぺちょと
しているため、
ベタついた仕上がりに
なるんじゃないかと、
初めて購入した時は
不安になったものだが・・・

1分もしないうちに
肌にすーっと馴染んで
サラサラになり、
吸いつくようなモチモチ感を
与えてくれるのだ。

全然イヤな感じが残らず、
クセのある香りもしない。

なじむ!実にッ!
なじむぞォォォッ!!

悪い口コミ

実際に注文してみると、
『人気で生産が追いついて
いない状態』とのこと。

注文して3週間ほどして、
やっとZIGENが届きました。

前に使っていた
オールインワンが
なくなる寸前で
ギリギリのところでした。

もっと早く届けてくれれば
ありがたいのに・・・・。

使って5日ほどで吹き出物?が
でき止めました。
残念な商品でした。

口コミ評判まとめ

良い口コミは、購入者が真心を込めて(?)書いたと思われるもの
から、誰が見てもはっかりとわかる、明らかなステマ、やらせなど
幅広い意見がありました。

一方、悪い口コミは、2ch、5chでよく見るようなレス乞食の煽り
や揚げ足取りなどの無意味なものを除けば、肌に合わずに副作用が
出たので許せないといったものや、男性用化粧品としては高すぎる
といった内容が中心でした。

なお、女性用化粧品のレビューで見かけることが多い、潤い不足や
機能が中途半端だからライン使いに戻したなどというような意見は
ほとんど見かけませんでした。

また、液垂れがしやすいという口コミもありましたがパッケージが
リニューアルされたことで改善しています。

ZIGEN オールインワン フェイスジェルの評価は?

次に、ZIGEN オールインワン フェイスジェルの口コミサイトなど
での評価をまとめました。



一見すると、ステマを疑われても仕方がない評価ですね。

アットコスメでは自腹で購入して評価した人がほとんどですから、
信憑性はそれなりにあります。

amazonに低評価が多いのは、ZIGEN自体の性能や感想以前の段階
として、頼んでも居ない酒が送られてきたり、ステマが許せない、
出品しているのは製造元ではなく転売品だから買ってはいけないと
いった主張をする目的によるものです。


出典:株式会社晋遊舎「360.life」

また、「360.life」にてオールインワンジェルの「保湿力」を比較
した結果によると、1位がマンダム社の「ガイネス オールインワン
ジェル」で、2位の「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」を
圧倒する結果となっています。

記事内ではガイネスは品切れと書かれていましたが、現在は普通に
売られていますので、一時的なものだったようです。

ちなみに、総合評価は「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」
がダントツの1位となっていました。

>>ZIGEN オールインワン フェイスジェルの詳細はこちら

ZIGEN オールインワン フェイスジェルに含まれている成分は?

「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」は化粧品のため、法律
(薬機法)で全成分表示が義務付けられています。

どのような成分が配合されているか、一覧で確認していきましょう。

赤字は、「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典」で毒性が
高いと指摘されている成分です。

また、オレンジ色は美容成分を示します。
青色はアミノ酸です。
緑色は植物エキスです。

  • グリセリン
  • プロパンジオール
  • アルギニン
  • ハマメリス水
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • タウリン
  • ロイシン
  • リシンHCI
  • プロリン
  • フェニルアラニン
  • ヒスチジンHCI
  • パルミチン酸レチノール
  • バリン
  • トレオニン
  • トラネキサム酸
  • チロシン
  • セリン
  • コロイド性白金
  • クロレラ/シロバナルーピンタンパク発酵物
  • グルタミン酸
  • グリシン
  • クエン酸
  • グアニル酸ジナトリウム
  • エゾウコギ根エキス
  • イノシン酸ジナトリウム
  • イソロイシン
  • アラントイン
  • アラニン
  • アスパラギン酸ナトリウム
  • アスコルビン酸
  • セージエキス
  • サボンソウエキス
  • ゴボウエキス
  • レモンエキス
  • オトギリソウエキス
  • ホップエキス
  • トウキンセンカエキス
  • ラウロイル乳酸ナトリウム(合成界面活性剤)
  • 加水分解コラーゲン
  • セラミド3
  • フィトスフィンゴシン
  • セラミド6Ⅱ
  • 水溶性コラーゲン
  • コレステロール
  • ヒアルロン酸ナトリウム
  • プラセンタエキス
  • ピリドキシンHCL
  • セイヨウキズタエキス
  • オランダカラシエキス
  • 白金
  • セラミド1
  • カプリルヒドロキサム酸
  • カプリリルグリコール
  • カルボマー(合成ポリマー)
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10(合成界面活性剤)
  • キサンタンガム
  • エチルヘキシルグリセリン
  • トコフェロール
  • メントール
  • シメン-5-オール(防腐剤)
  • ブチレングリコール
  • 炭酸水素ナトリウム
  • セルロースガム(合成ポリマー)

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

他社化粧品と比べると「毒性」が指摘される成分が驚異的に少ない
ことに驚きます。

金、白金は消臭剤として配合しています。
汗臭や加齢臭などを抑えるのに役立ちます。

危険性はあるのか?

次に化粧品毒性判定事典で危険性が指摘された成分を見ていきます。

合成界面活性剤

非イオン(ノニオン)
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10

アトピーやアレルギー肌の場合、刺激や肌荒れの悪化などが起こる
可能性がありますが、肌バリアが壊れていない状態であれば、特に
気にせず使っても問題ありません。

陰イオン(アニオン)
  • ラウロイル乳酸Na(ラウロイルラクチレートNa)

セラミドが配合された化粧品で使われる原料としてエボニック社が
製造・販売する「SK-INFLUX」がありますが、その中に含まれる
成分です。

ラウロイルラクチレートNa自体の安全性を示すデータがないため、
毒性は不明ですが、セラミドが配合された化粧品であれば、必ずと
いっていいほどに出てくる成分ですし、これまでに深刻な健康被害
が報告されていないため、過度に心配する必要もなさそうです。

合成ポリマー

  • セルロースガム
  • カルボマー

合成ポリマーは肌をラップで包んでしまうので、肌呼吸ができなく
なるといった嘘やデタラメをいう人もいますが、そもそも密封性が
ないことから、密封のしようがありません。

それ以前に、人間は肌呼吸をする生物ではありません。

肌についたままでも問題ありませんし、洗い流さなかったとしても
しばらくすれば角質と一緒に剥がれ落ちます。

防腐剤

  • シメン-5-オール

薬用化粧品(医薬部外品)では「イソプロピルメチルフェノール
と呼ばれる成分です。

制汗剤やワキガ対策クリーム、ニキビケア商品、水虫薬など幅広く
使われています。

水虫薬にも使われるほどの殺菌効果があるというと、そんな危険な
ものを顔に塗ってもいいのかと心配するかもしれませんが、水虫薬
とフェイスジェルでは使用している濃度が全く違います。

水虫薬:最大0.3%
クリームなど:最大0.1%

シメン-5-オールは、皮膚への刺激がほとんどないのが特徴です。

この程度の濃度では、発ガン性物質になる可能性は皆無です。
経皮毒で中毒死するなどという指摘を行う団体もありますが、原液
を使わない限り、まず不可能です。

シメン-5-オールはグリチルリチン酸2Kとセットで配合されている
ことから、肌トラブル対策として配合されています。

副作用の心配は?

ZIGEN オールインワン フェイスジェルには副作用は存在しないと
断言する人もいますが、実際には問題点がありました。

口コミにもあったように、赤みやかゆみ、腫れ、発疹、かぶれなど
肌トラブルが起こったケース
があります。

パルミチン酸レチノールによるレチノイド反応や、植物エキスへの
アレルギー反応、ラウリン酸ポリグリセリル-10の影響など、複数
の原因が考えられます。

今までに肌トラブルが起こった経験がある場合には、パッチテスト
を事前に済ませておくといいでしょう。

>>ZIGEN オールインワン フェイスジェルの詳細はこちら

ZIGEN オールインワン フェイスジェルの効果的な使い方は?

「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」を効果的に使うには、
どうすればいいのでしょうか?

基本的に、普段のスキンケアのタイミングで「ZIGEN オールイン
ワン フェイスジェル」をつかえば十分です。

1日2回(朝・晩)、洗顔、クレンジングの後に使うといいでしょう。

「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」だけでは、乾燥が解消
されないなどと言った場合は美容液や化粧水などを追加しても構い
ません。

特に指定がなければ、ZIGENを塗る前に、化粧水や美容液を塗る
ようにするといいでしょう。

>>ZIGEN オールインワン フェイスジェルの詳細はこちら

ZIGEN オールインワン フェイスジェルの販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」は、どこで買えるので
しょうか?

販売元に確認したところ、以下の店舗のみとのことでした。

  • 自社直営公式通販サイト(ネットショップ)
  • 東急ハンズ 新宿店
  • メンズ眉毛サロン「FACE OF AZusa」(東京銀座)
  • ひびきのフットサルラボ(北九州市若松)

新宿店以外の東急ハンズでは、取り寄せもできません。

店頭価格は全て定価販売となっています。
バーゲンなどで安く買える事もあるかもしれませんが、あまり期待
しないほうが良いでしょう。

公式サイトでの販売価格は以下のようになります。

本数 価格(税込) 備考
1本 3,990円 別途送料
2本 7,560円
(1本3,780円)
送料無料
3本 10,800円
(1本3,600円)
送料無料

まとめ買いで、店頭で買うよりも安くなります。

なお、定期購入はありません。
必要になったら都度購入することになります。

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

また、調査時点では、

  • amazon
  • Yahoo!ショッピング

などで販売されていましたが、販売元によると、全て転売品であり
品質面での保証はできないし、交換などは一切受け付けていないと
厳しい態度で臨んでいるようです。

メルカリやヤフオクなどで出品されているのと同じ扱いですね。

>>ZIGEN オールインワン フェイスジェルの購入はこちら

まとめ

いかがでしたか?
ステマどころか、本当に人気と実績があることがわかりました。

オールインワンで短時間でスキンケアが済むだけでなく、保湿効果
も十分に期待できるのが「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」
です。

あなたの肌質に合わずに肌トラブルが起こるようなことがなければ
マストバイアイテムといってもいいでしょう。

まずは、1回試してみてください。

>>ZIGEN オールインワン フェイスジェルの詳細はこちら