京都大学化学研究所と大阪市立大学生活科学研究科の
共同研究で発見されたエイジングケア成分「ナールス
ゲン
」を配合した化粧水が「ナールスピュア」です。

発売開始直後は、地元のテレビ番組で取り上げられた
こともあって、ナールスピュアが10秒に1本売れると
いうほどの人気ぶりでした。

その後、2017年7月にリニューアルし、「ナールス
ピュア+
」(ナールスピュアプラス)となりましたが
従来品と比べると、何が違うのでしょうか?

他にも気になることがありましたので、詳しく調べて
みました。

ナールスピュア+URL
https://www.nahls.co.jp/pure_monitor/

ナールスピュア+にリニューアルして何が変わった?

ナールスピュアからナールスピュア+にリニューアル
して、いったい何が変わったのでしょうか?

大きく4つのポイントで違いがありました。

容器サイズ、内容量、価格

ナールスピュア+にリニューアルをして、最もわかり
やすい違いとしては、パッケージと内容量でしょう。

右側がリニューアル前
左側がリニューアル後となります。

内容量は1個あたり150mlから120mlに減りました。

1本あたりの値段も5,600円から4,500円に値下げを
したことから割高感が薄れましたし、鮮度を維持する
という点では、従来よりも短期間で使いきれるという
のは嬉しいですよね。

3種類の高級新成分を配合

ナールスピュア+では、新たに以下の3種類の成分が
配合されています。

  • APPS(アプレシエ:高浸透型ビタミンC誘導体)
  • プロテオグリカン
  • ウィルブライドS-753(水性保湿油)


引用元:昭和電工株式会社アプレシエ製品説明

いずれの成分も原価的に安くはありませんが、新たに
配合しても1mlあたり2銭弱の値上げで抑えるという
血の滲むような企業努力がありました。

商品コンセプトの変更

ナールスピュアは「素肌サプリメント」というコンセ
プトで開発が行われて、ナールスゲンとグリセリンが
主要成分であったことから、保湿不足などを考えて、
あえて化粧水とは名乗らなかったと製造元の担当者は
話しています。

リニューアルで保湿成分が増えたことで、旧製品では
肌の乾きを感じた際には化粧水や美容液などを追加で
使うようにアドバイス
がされていましたが、ナールス
ピュア+だけでも済むケースが増えるのではないか

指摘します。

このため、ナールスピュア+では「素肌サプリメント」
はそのままに「エイジングケア化粧水」の機能も持つ
ようになったのです。

ブースターとしては使えませんが、ブースト効果自体
は期待できますので、ブースターが不要になる可能性
は十分にあります。

界面活性剤フリーを実現

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせるために必要な成分
ですが、刺激が強く肌トラブルのおそれがあるという
問題がありました。

ナールスピュア+で新たに配合されたウィルブライド
S-753
は、日油株式会社が開発した「水性」保湿油
で、保湿効果があるだけでなく、水にも油にも溶ける
というユニークな機能を持ち合わせています。

このため、ウィルブライドS-753が界面活性剤と同じ
ような働きをすることから、別途、界面活性剤を配合
する必要がなくなり、界面活性剤フリーが実現できた
というわけです。

>>ナールスピュア+の詳細はこちら

ナールスピュア+の成分はどうなっている?

ナールスピュア+には、どんな成分が含まれているの
でしょうか。

ウィルブライドS-753に関しては一つ上の項目で書き
ましたが、全成分を書き出してみると、以下のように
なります。

配合成分1%以上の成分は、成分量の多い順番に書か
れていますので、水が最も多く、次のBG(ブチレン
グリコール:医薬部外品は1,3-ブチレングリコール
と記述)と1,2-ヘキサンジオールは保湿剤、防腐剤
として使われています。

次のPEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3
グリセリン
は、発ガン性物質のPEGやPPGが入って
いるから危険などと心配しているかもしれません。

しかし、この成分の略称は「ウィルブライドS-753
ですし、APPS等の経皮吸収を促すために配合されて
おり、安全性も確認されているため心配ありません。

つぎの「カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシ
プロピルホスホン酸メチル
」が、「ナールスピュア」
からのセールスポイントの一つとしてあげられている
ナールスゲンです。

ナールスピュア+には推奨濃度の0.005%(50ppm)
が配合されています。


引用元:http://www.nahls.jp/nahlsgen.pdf:資料8枚目

その他の成分をまとめると、

■ビタミンC誘導体
アスコルビルリン酸Na
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

■ビタミンE誘導体
トコフェリルリン酸Na

■防腐剤
フェノキシエタノール(アルコールではない)

となります。
エイジングケア化粧品でおなじみの成分ばかりです。

>>ナールスピュア+の詳細はこちら

ナールスピュア+の口コミは悪い?良い?

ナールスピュアの頃から口コミ情報は多かったですが
ナールスピュア+のクチコミ情報も増えてきました。

どのような評価がされているのかをまとめました。

  • 評判が良いのが怪しい
  • 浸透が悪すぎ
  • 何の効果も感じられない
  • 乾燥感がおさまらない
  • 目の周りにつけるとヒリヒリする
  • 保湿力が足りない
  • 効果の違いがわからない

良い口コミ

  • 短期間でエイジングケアを実感できた
  • 肌がしっとりとした
  • 肌への浸透力を実感できる
  • 肌質が改善されてきた
  • 毛穴が目立たなくなった
  • ほうれい線が目立たなくなった
  • 小じわが目ただなくなった
  • 肌の乾燥が気にならない

早い人で数週間、平均数ヶ月で、実感が得られている
ようです。

まとめ

いくつか酷評もありましたが、アットコスメでは圧倒
的に高評価が多かった
ですし、1件だけコメントして
いるステマやネガキャンと疑われるコメントは少なく
実体験が書かれたと思われる長文コメントが多かった
ことから信憑性は高いと言えます。

>>ナールスピュア+の詳細はこちら

ナールスピュア+は店舗で買える?楽天やアマゾンでは?

ナールスピュア+は通販限定商品のため、店頭で購入
することはできません。

amazonや楽天市場などでも売られていますが、定価
の4,860円(税込み)以上
となっています。

ナールスピュア+公式販売サイトでは、初回限定割引
価格で販売されており、30%OFFの1本3,402円
オトクです。

自動的に定期購入に切り替わることはありません。
お試し版という位置づけでの割引価格ですから、商品
を受け取った時点で終わります。

30日間返金保証がついており、使用開始後でも満足
できなければ購入代金が戻るのも嬉しいですね。

定期購入だと初回が非常に安く買えることが珍しくは
ありませんが、最低3回以上などといった縛りのある
ものが少なくありませんし、購入ノルマがない商品で
も解約手続きが面倒くさいですよね。

ナールスピュア+は買いきりのため、手軽に試せます。

>>初回限定割引(単品購入)を試してみる

ナールスピュア+の業務用は個人でも購入できる?

楽天市場で、「ナールスピュア業務用」という商品を
見たことはありませんか?

業務スーパーで売られている商品と同じように、個人
用よりも簡素なパッケージで大容量で安く買えるのが
「業務用」ですが、500mlで8,800円で売られており
1mlあたり17.6円と個人用の半額以下です。

非常に魅力的に感じたかもしれませんね。

しかし、業務用は誰もが買えるわけではなく、通常は
市販で出回ることがない
という点に注意が必要です。

現在、販売されている「業務用」は、大阪府門真市の
「スポット販売専門店」に持ち込まれた物を仕入れて
販売しているようでメーカー保証は一切ないと明記を
しています。

メーカーでは個人宛に業務用の販売は行っていません
ので、サロンを経営して仕入れるなどの工夫をしない
と、調達するのは難しいでしょう。

その上、旧製品の「ナールスピュア」業務用ですから
在庫処分価格となっている可能性が高いですし、製品
状態にも不安
があります。

メーカーによると、未開封品であれば3年以上は品質
を保証できるそうですが、開封後は長くても1年以内
できれば3ヶ月以内に使い切ってほしいとのことです。

一人では業務用を期限内に使い切れない可能性が高い
ことから、家族全員で使うなど、大量に消費するので
なければ、業務用は避けたほうがいいでしょう。

>>ナールスピュア+の詳細はこちら