AGA(Androgenetic Alopecia)とは「男性型脱毛症」の意味です。

AGAは思春期以降に起こる現象で、抜け毛が進行すると薄毛が目立つようになってきます。
毛包が十分に成長しないことから、髪の毛が太く長く育つ前に抜けてしまうのが厄介です。

AGAが起こる主な原因としては、遺伝や男性ホルモン、ストレスや血行不良などがあげられますが、メカニズムが十分に解明されていないために原因不明の部分も残っています。

ランブットのノニは効果なし?育毛剤でもなく薄毛には期待はずれ?

そこで、AGA対策としてランブットが使えるのかどうか、気になっていませんか?

結論から言えば、他の発毛剤や育毛剤、養毛剤などとの相乗効果が期待できることから、ランブットを使ったほうが良いでしょう。

ランブットで頭皮に栄養を与えて頭皮環境を整えることで、他のAGA治療の効果を促進する効果が期待できるからです。

ランブットを使うのは、週2回程度、シャンプーをした後です。
スカルプシャンプーの種類によっては、内容的に重なる可能性があるかもしれませんが、ランブットは毎日使いませんので、スペシャルケア的な位置づけで考えるといいでしょう。

ランブットを使って頭皮環境が改善すると、今まで使っていた育毛剤や養毛剤、発毛剤などが吸収されやすくなりますので、今よりも効果が高まることが期待できます。

ランブットを使うデメリットとしては、原料であるノニに対するアレルギーによって頭皮に炎症が起こったり、赤みや痒み、水ぶくれなどが起こったという程度です。
ノニアレルギーがない人にとっては気にする必要はありません。

それ以外には、デメリットらしいデメリットが存在しないのが、ランブットです。

あとは、ランブットを頭に塗ってから、洗い流すまでに15分~20分待つというのが時間の無駄だと感じる人が意外に多いです。

ランブットを使うのが約3日に1回というペースですから、女性でも長湯をする人が減っている中で、入浴時間が短い男性にとっては苦痛に感じられるのも仕方がないかもしれません。

ただ時間がすぎるのを待っていると苦痛ですから、この待ち時間を生かして読書をしたり、防水をした上で、動画やゲームをするなど、暇つぶしの道具を用意すれば、意外に早く過ぎますよ。

入浴中は他人から邪魔をされない時間ですから、スキマ時間を有効活用して勉強するのには最適です。
ちょっとした暗記をしたり、音声や動画を使って勉強するというのもいいかもしれません。