シルキーカバーオイルブロックは、毛穴や小じわのカバーが30秒で
完了できるということで人気の化粧下地です。

累計販売個数が230万個を突破していることから人気の高さがわかり
ますが、不満や苦情も寄せられているようですね。

詳細に関しては、以下のページで詳しく解説しました。

シルキーカバーオイルブロックへの苦情から危険性を分析!

その後、シルキーカバーオイルブロックは、クレーター状に開いて
しまった毛穴
にも効果があるのかという質問が来ました。

毛穴が、あたかも月のクレーターのように、デコボコになっている
状態だと見た目も悪い上に、メイクでも隠すのが難しいですよね。

先ほどのページにも書いてありますが、詳しく見ていきましょう。

毛穴がクレーターになる原因としては、

  • ニキビが炎症を起こし、真皮に傷がついた
  • 間違ったケアで毛穴が傷つけられてしまった
  • 老化でハリがなくなり毛穴の周りがへこんでいる

など、さまざまなことが考えられますが、いずれの場合においても
肌へのダメージが大きいことがわかります。

いったんクレーターになった毛穴は治療が難しいです。

角質層だけでなく真皮層にまでダメージが及んでいるため、ターン
オーバーだけでは解消できないことも珍しくありません。

また、シルキーカバーオイルブロックで毛穴や小じわに入り込んで
埋めるとしても、クレーターが大きいと全く量が足りない可能性が
あるため、残念な結果になる場合も考えられます。

軽度のクレーターであれば埋められたという口コミもありましたが
程度の差によって結果が変わってきます。

興味があれば、シルキーカバーオイルブロックを試してみるといい
でしょう。
返金保証もついていますので、手軽に試すことができます。

なお、クレーターを根本的に解決したいと言う場合には、皮膚科で
治療を受けたほうが良いでしょう。

健康保険の適用対象外のため、医療費は全額自己負担になりますが
レーザー治療やケミカルピーリングなどを受けることでクレーター
自体をなくしてしまうことができます。

なお、1回の治療や処置だけでも、数万円程度の費用が必要ですし、
治療期間が1年、2年と続くことが珍しくないため、合計すると数十
万円から100万円を超える場合もあります。

これだけのお金をかけても肌質やクレーターの状態によっては改善
しない場合もありますので、医療トラブルに発展するケースもある
ようですね。

クレーターの治療を受ける際には、事前に医師からしっかりと説明
を受けた上で、後悔のしない判断をすることをオススメします。