シルキーカバーオイルブロックは、デコボコになりがちな毛穴だけ
でなく、毛穴の黒ずみを一瞬で消すはたらきがある化粧下地です。

シルキーカバーオイルブロックへの苦情から危険性を分析!

しかし、シルキーカバーオイルブロックにはシリコンが配合されて
いるから危険
だと言う指摘があります。

いったい、どういうことなのでしょうか?

まずは、シルキーカバーオイルブロックに配合されている全成分を
改めて確認してみましょう。

ジメチコン
シクロペンタシロキサン
(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー
アクリレーツクロスポリマー
(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
トリメチルシロキシケイ酸
イソノナン酸イソノニル
ジメチルシリル化シリカ
セリシン
アーチチョーク葉エキス
加水分解コラーゲン
プラセンタエキス
ヒアルロン酸Na
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
ポリクオタニウム-51
エタノール

ヒドロキシプロピルキトサン
フェノキシエタノール
カルボキシメチルキチン
BG

赤字がシリコン(正しくはシリコーン)や合成ポリマーです。

世の中ではノンシリコンが常識になっているのに、どうして大量に
シリコンが配合されているのか信じられないかもしれませんね。

シャンプーだと、シリコンが入っているものは全く売れませんので
各社ともにノンシリコンを強調するようになっています。

その理由として、シリコンや合成ポリマーは、毛穴をコーティング
するために肌呼吸が妨げられるとか、皮膚をラッピングするという
イメージがあげられます。

しかし、ノンシリコンが主流となっているのは、シャンプーだけで
あって、化粧品だと、当たり前のようにシリコンや合成ポリマーが
配合されている
のは、いったいどうしてなのでしょうか?

シャンプーでシリコンを使うことで、髪の毛がコーディングされて
しまって、パーマがかかりにくくなったり、カラーが染まりにくく
なるといったデメリット
があるからです。

シャンプーだけで済ませる人はいないでしょうからトリートメント
などの効果も薄れてしまうということで、シャンプーでシリコンが
使われている商品はなくなりつつあります。

これを経皮毒や皮膚呼吸などといって化粧品全体に広げようとした
こと自体に無理があったため、今でもシャンプー以外では当たり前
のようにシリコンが使われています。

シリコン自体が肌への負担が大きいとか、クレンジングの際に油剤
が必要だからダメ
などと話を逸らす人も居ますが、シルキーカバー
オイルブロックだけに限った話ではありません。

シルキーカバーオイルブロック以外の化粧品を使っていている全員
がシリコンで肌トラブルを起こしていたら、カネボウ化粧品の白斑
被害や茶のしずく石鹸の小麦アレルギーどころの騒ぎではなくなる
でしょうね。

水俣病や薬害エイズ、B型・C型肝炎、アスベストなどと同じくらい
の大スキャンダルになることは間違いないでしょう。

シリコンの使用が認可されてから50年近くになりますが、その間の
「人体実験」においても、健康被害が出ていません。

シリコンの危険性は低いと考えるほうが自然でしょう。