最近、多くの人がエステの光フェイシャル施術を受けています。
光フェイシャルとはどのようなエステなのでしょうか。

光フェイシャルというのは、アメリカで開発されたアンチエイジングのための最新エステ技術です。
特殊な光を皮膚にあてることによって、お肌の若返り効果をもたらすことが、エステでの光フェイシャルの目的です。

光フェイシャルでは、コラーゲンを作り出す働きのある繊維細胞を皮膚の真皮層で活性化し、コラーゲンの生成を促して増やす効果があるといわれています。
エステで光フェイシャルをすることで、メラニン色素や、オキシヘモグロビンに作用し、美白美肌の効果をアップします。

お肌の気になるシミやくすみ、加齢によって目立つようになる、しわやたるみなどを目立たなくする作用が、光フェイシャルの美容施術によって得られるといいます。
光フェイシャルによって、肌の若返りをはかることができるといえます。

光フェイシャルは主にエステサロンや医療クリニックで受けることができます。
光フェイシャルを何回か行うことで、だんだんと美肌効果を高めることが可能です。

肌の悩みを改善するだけではなく、光フェイシャルによってリフトアップ効果や小顔効果を得ることもできます。
年をとっての肌の変化が気になっている人は、光フェイシャルを利用することで、肌の若さを保っていくといいでしょう。

最近、人気の高い美容方法として、エステで受けることができる光フェイシャルがあると言われています。
実際にエステで光フェイシャルの施術を受ける場合には、どのような流れになるのでしょうか。

光フェイシャルは、エステやクリニックで受けることができるアンチエイジングの方法です。
まずは、お肌の状態を確認します。皮膚が乾燥しているか、肌タイプはどのようなものかを確認した上で、適切な光フェイシャルの方法を決めていきます。

光フェイシャルの施術をする場所を決めたら、光を照射する準備をします。
お肌の汚れをしっかりと落としてから、肌表面に冷却ジェルを塗ります。最後にアイカバーをつけ、光が目に当たらないようにします。
ここまで済んだら、ようやく光フェイシャルを行うことができます。

ほとんど痛みがなく、ストロボ撮影のように、短時間の光の照射になります。
光の照射が終わったら、ヒアルロン酸やコラーゲンの入ったパックでお肌に潤いを持たせ、火照った肌をクールダウンさせます。

すべての施術が終わったあとは、普通にメイクをすることも可能です。
光フェイシャルを受けた後は、お肌が刺激に弱くなっているため、紫外線の影響を受けやすくなっています。
紫外線予防はしっかり行いましょう。

光フェイシャルの後は乾燥しやすくなっているので、保湿ケアもしっかり行いましょう。
しみやくすみのない、なめらかな肌になりたい人は、痛みがほとんどなく、あっという間に終わるという、光フェイシャルの存在はとても嬉しいものです。

年をとると少しずつふえていく皮膚のたるみやくすみ対策に有効なのが、光フェイシャルだといいます。
多くの人が利用している人気の光フェイシャルですが、施術を受けるときには何か注意することはあるのでしょうか。

光フェイシャルの効果は1回の施術で実感できるものでは無いので、何度か通わなければならないということに注意が必要です。
光フェイシャルを受けると、次の日には化粧がしやすくなるといいますが、1回の施術では、さほど劇的な美白や、除毛の効果はないといいます。

肌にあまりダメージを与えずに、おだやかに作用するのが光フェイシャルのメリットでもあるので、効果もゆるやかなものになってしまいます。
月1のペースで、5~6回の光フェイシャルを受けていると、施術にかかる費用もかなりのものです。

糖尿病の疾患がある人や、てんかんの発作を起こすかもしれない人、お腹に赤ちゃんがいる人は光フェイシャルができません。
これ以外にも持病がある人は、あらかじめ医師と相談しておくようにしましょう。

日焼けをしている場合も、光フェイシャルの施術を受けることはできないので要注意です。
皮膚疾患がある場合も注意が必要なので、光フェイシャルを受ける前にしっかりとカウンセリングを受けておきましょう。

肌質によっては、光フェイシャルの光に対するお肌の反応が激しすぎて、黒点状のしみができてしまうことがあります。
長い時間をかけて改善はしますが、肌の極端に弱い人は注意したほうが良いでしょう。

後々のトラブルを回避するためにも、たくさんの症例を経験している、技術力のあるエステで、光フェイシャルを受けるようにしたいものです。