手術でワキガを解消したいという人は多いですが、手術のやり方としては、ワキガを分泌するアポクリン酸を取り除くというものがあります。

もしも、自由診療でワキガの手術を行う時には、右と左で合わせて20万円~30万円ほどかかるといいます。
保険が出る状態でワキガの手術ができるのならば、予算は5万円程度です。

アポクリン汗腺という汗腺が脇のしたにあるために、ワキガになるといいます。
一般的な汗はエクリン汗腺から出る透明な汗ですが、アポクリン汗腺から出る汗は乳白色の汗です。
アポクリン汗腺の汗は、脂質やたんぱく質の多い栄養豊富な汗で、そのため、脇毛にいる常在菌や雑菌が増え、匂いを発する原因になります。
アポクリン汗腺を手術で取り除くことによって、ワキガの匂いが出ないようにするというわけです。

アポクリン汗腺の除去方法としては、メスを使用する剪除法や、吸引法で周辺の細胞を丸ごと取り除くという手術もあります。
専用の機器を脇の下に入れてアポクリン腺を吸うために、吸引法では機器を脇の下に挿入するというやり方をします。
差し込む器具は、脂肪吸引手術にも使うカニューレという機械で、アポクリン腺をそのまま吸い上げるという仕組みです。

吸引法の利点は、色素が沈着しづらく、手術痕が目立たないことです。
吸引法でワキガ手術を受けるメリットとして、施術当日に、家に帰ってもいいということがあります。

アポクリン汗腺という脇の下にある汗腺は、雑菌をふやす汗を分泌する性質があり、これがワキガの原因になると言われています。
アポクリン汗腺から出る汗自体は、さほど匂いがすることはありません。
汗から雑菌が増えないように気をつけることで、ワキガの予防効果が得られるといいます。

ワキガ対策として、雑菌が増えないように制汗スプレーや石けんを用いるという方もいます。
油分の多い食事を極力控えることによって、油脂の分泌力を減らすというアプローチもあるといいます。

汗に含まれる油脂の量は、その人の体質の影響を受けることもあります。
根本的な体質がワキガ寄りであるならば、食事の見直しや、清潔さの維持も、効果が薄くなったりします。

手術をすることで、ワキガの原因を元から絶つという方法も採用されています。
手術では、ワキガの原因となる汗を分泌するという、アポクリン汗腺を除去することで、ワキガになる汗を分泌できないようにします。
アポクリン汗腺がなくなれば汗が出ず、脇の下に雑菌がしても繁殖することはありません。

具体的に、どうやってアポクリン汗腺を除去するかは、手術によって違いがあります。
メスを使って汗腺を取り除いたり、特殊な器具で汗腺を吸引したりします。
アポクリン汗腺の細胞か働かなくなるように、レーザーをあてるというワキガ手術もあると言われています。

最近は、ワキガをなくすための手術を受けて、ワキガのない体になったという人が増加しています。
自分の匂いは、自分では自覚しづらいものですので、それと気づかぬうちに臭いを発散させていないか気にする人もいます。

もしも、脇の下が黄色みを帯びてきたり、耳垢が湿り気を帯びていたり、体毛が多かったり、親にワキガ体質の人がある場合は、ワキガの可能性が出てきます。
ワキガとは、生来の体質で体に悪いものではありませんが、程度によっては美容皮膚科で治療をするといいでしょう。

美容外科で行われている手術に、特殊な電磁波をお肌にあてることによって、臭いの元となる汗腺を壊すという治療方法があります。
麻酔を使うので傷みも少なく、治療効果はその後も継続するというものです。
効果は有限ですが、脇の下にボトックス注射をすることで汗の分泌を抑え、ワキガの対策にする手術もあります。

アポクリン腺という、ワキガの汗を分泌する汗腺を除去する方法もあります。
手術の痕跡が残る場合があるというデメリットはありますが、アポクリン腺がなくなるので、ワキガの原因となる汗をかかなくなります。
5万円程度の手術費用で、保険を適用してできるワキガ手術もあります。

手術の内容は様々で、メス不要の手術や、治療効果の高い手術などが知られています。
色々なワキガ手術がありますが、その中のどれがいいのかは、まず皮膚科などで聞くことです。