ウコンが含まれたドリンクやサプリメントは、ドラッグストアや
スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどでも手軽に購入
できますので、あなたも買ったことがあると思います。

しかし、せっかく飲んでも期待したほどの効果が得られずに後悔
した経験
はありませんか?

他社のウコンサプリやウコンドリンクには不満を感じていても、
ゲンキウコンは満足している人は少なくありません。

累計200万袋以上という売上を達成しているゲンキウコンですが
どうして、それほどまでに人気があるのでしょうか?

アルコールが苦手な下戸の人でもゲンキウコンで元気になるので
しょうか?

ゲンキウコン公式サイトURL
https://www.sukoyaka.co.jp/st/1605_free_gu/

ゲンキウコンの口コミはどうなっている?

まずは、ゲンキウコンを使った人の口コミを見てみましょう。

今まで飲んでいたウコンより
数段上の商品だと実感しています。

飲み会の度に飲んでます。
翌朝のすっきり具合は
ほかのウコンとは比較にならない
くらいの効き目です。
これなら平日飲み会でも大丈夫です。

色々なウコンを飲んできましたが、
これはすごいです!

大絶賛といった感じですね。
実際、良い評判ばかりが次々と見つかりました。

ゲンキウコンで効果がある理由は?

ゲンキウコンを飲んでいる人たちは、どうして効果を実感できた
のでしょうか?

やはり、クスリウコンを原料として使っていることが最も大きい
のではないかと思います。

ウコンに含まれるポリフェノール「クルクミン」の量が一般的な
ウコンドリンクやウコンサプリの原料として用いられる秋ウコン
(ターメリック)の14倍
と豊富に含まれています。

クルクミンは生薬や漢方薬の材料として使われており、医学的な
裏付けは不十分なものの抗腫瘍作用や抗酸化作用、抗アミロイド
作用、抗炎症作用などがあることが知られています。

ハウスウェルネスフーズが行った臨床実験では、アルコール代謝
において有用な効果が認められ、酒酔いによる不快な症状の軽減

も見られたことが明らかになっています。

出典:ハウスウェルネスフーズ「アルコール代謝研究

ゲンキウコンは、インドネシアのジャワ島にある契約農家が有機
栽培で育てているクスリウコン(クニッツウコン)を原料として
いるため、残留農薬や放射性物質などの心配はありません。

>>ゲンキウコンの詳細はこちら

ゲンキウコンで下戸を克服できる?

ゲンキウコンにそれだけの効果があるんだったら、アルコールに
弱い下戸が飲んでも酒豪になれるのではないか
と期待しているか
もしれませんね。

肝臓でのアルコールの分解が十分にできれば、悪酔いや二日酔い
の可能性が下がりますし、ハウスウェルネスフーズの臨床実験に
おいても期待できる結果が得られています。

しかし、医学的な裏付けが不十分だという点で下戸が解消できる
とは断言できない
というのが実情のようです。

アルコールが体内に入ると肝臓でアセトアルデヒドに分解されて
さらにアルコール脱水素酵素(ALDH2)によって、汗や尿として
分解された後、体外に排出されるわけですが、第12染色体により
働きの強さが決まる
ことが明らかになっています。

この第12染色体の型は生まれてから死ぬまで変わりませんので、
生まれつき酒に弱い人は弱いままというわけですが、最近の研究
で、飲酒後にアセトアルデヒドの濃度が高まった場合にALDH2
以外にも分解する別の酵素の存在
が明らかになりました。

この酵素というのが、肝臓に存在する「ミクロソームエタノール
酸化系酵素
」(MEOS)ですが、非常時に緊急措置として活動を
行う酵素ですから、普段は全く活動していません。

MEOSが活発な人は肝臓や他の臓器に何らかの不調がある場合が
多いことから、むしろ、はたらかない方がいいわけです。

ゲンキウコンに含まれるクスリウコンの効果によって、MEOSが
一時的に活性化するなどの研究報告は一切ありませんので、因果
関係は全くわかりませんが、もしかしたら何らかの関連性がある
のかもしれませんね。

>>ゲンキウコンの詳細はこちら

ゲンキウコンで副作用の心配は?

ゲンキウコンは健康食品だから、飲み続けるほどに健康になれる
というわけでもありませんし、普段から飲み続けていればお酒に
強くなるという根拠もありませんが、健康食品だから薬と違って
副作用の心配はないと断言するのは危険
です。

自治医科大学附属さいたま医療センター消化器内科の浅部伸一
教授によると、ウコンの過剰摂取によって脂肪肝の人は悪影響が
出る可能性がある
と警告しています。

出典:日経Gooday2017年5月2日付記事
酒飲み・脂肪肝の人「ウコンのとり過ぎ」に注意

また、ウコンに含まれる鉄分の過剰摂取で、C型肝炎や脂肪肝を
発症する可能性がありますし、過去の事例では死亡したケースも
あります。

もちろん、肝機能障害がない健康な人がたまに飲む程度であれば
過度に心配する必要はありませんが、継続的に大量摂取した場合
にはリスクが一気に跳ね上がりますので、肝臓病の人はもちろん
のこと、血液検査などで肝機能に関する値が良くない人は注意が
必要です。

決して、ウコンはアルコールを吹き飛ばしてくれるような魔法の
薬などではありません。

>>ゲンキウコンの詳細はこちら

ゲンキウコンが購入できるのは通販のみ?お試しは?

ゲンキウコンは、どこで買うことができるのでしょうか?
製造元に確認したら、店頭販売は行っていないとのことでした。

お試し用の無料サンプルなどもないので、製品を買うしかないと
いうことだそうです。

現在、ゲンキウコンが買える場所として教えてもらったのは以下
のネットショップです。

  • 公式サイト(すこやか工房ECショップ)
  • 楽天市場(すこやか工房支店)
  • amazon(別店舗が販売)
  • Yahoo!ショッピング(別店舗が販売)

公式サイトでは定価販売をしており、1袋150粒入りが3,780円
(消費税込)+送料の一方、amazonやYahoo!では競争原理が
働くことから、日によって値段や在庫状況は変動しますが、1袋
3,000円程度で購入できます。

その一方で、公式サイトのみから申し込める定期購入にすると、
初回980円、2回目以降は3,402円で送料無料と割安です。

ゲンキウコンの定期購入では、最低購入回数はありませんので、
初回購入後に解約しても受け付けてもらえますし、違約金などを
支払う必要はいっさいありません。

単品購入の感覚で定期購入を利用することも可能です。

>>定期購入でゲンキウコンを試してみる

ゲンキウコンの定期購入を解約するのは簡単?

ゲンキウコンの定期購入を解約するためには、どうすればいいの
でしょうか?

2018年1月まではマイページから手続きをすればいいという話も
ありましたが、2018年2月のホームページリニューアルによって
マイページ自体が廃止されました。

購入時の会員登録が不要になったという点では便利になりました
が、ゲンキウコンの変更や解約が面倒になった点で改悪といえる
かもしれません。

このため、現在は電話のみの受付となっています。

土曜日も受け付けていますが、基本的には平日日中のみとなって
いるため、仕事の合間や休日に電話をするといいでしょう。

時間帯によっては混雑してつながらない場合もありますが、全体
的には、スムーズに電話がかかる印象です。

なお、毎月の解約申込締切日は「お届け日の10日前」です。

この日を過ぎると翌月での解約となり、当月分の商品は送られて
きますし、受取拒否や返送をしても解約にはなりません。

トラブルの原因となるため、早めに手続をする必要があります。

>>ゲンキウコンの詳細はこちら