薄着になることが多い夏場はもちろんのこと、着込むことが多い
冬でも、ムダ毛が目立つことがあります。

夏場と比べて冬場はムダ毛処理で手抜きをしがちという調査結果
マイナビウーマン調べ)もありますし、思わぬ場面で恥ずかし
すぎる失敗をしたこともあったかもしれません。
(参考:マイナビウーマン:やばっ!冬のムダ毛処理をサボって
「やっちゃった!」失敗談11

やはり、季節に関係なく、ムダ毛には注意を払いたいものです。

ムダ毛の処理方法としては、医療脱毛(永久脱毛)やサロン脱毛
(光脱毛など)と言う具合に、抑毛効果の高い方法が魅力的です
が、最近は安くなってきたとは言っても、クリニックやサロンに
通い続けるのは意外に大変です。

そこで注目されているのが、雑誌やSNS、ブログ等で評判の除毛
スプレー「ナークスK」(ナークスケー)。

シュッとスプレーして流すだけ
という手軽さがナークスKのウリですが、期待したほどの効果が
得られずに不満を抱えている人が少なくない
そうです。

詳しく調べてみました。

ナークスK公式サイトURL
https://rabrab.shop/lp?u=narksk

ナークスKで除毛できないというクレームが・・

口コミサイトを調べただけでも不満が数多く見つかりました。

私の肌には合わないようで刺激があり、
赤くなってしまいました。

私もしばらく使っていますが、
どうもそこまでの効果は感じないんですよね。
やっぱり無理だろうなと、
あきらめの気持ちが強くなっています。

1週間使ってるけど全然変化ありませんよ~(-_-)
しっかり脱毛したい人は、やっぱりお金払って
エステに行く方がいいですよ(;´∀`)

ナークスKが届かないというクレーム?

口コミサイトでは見つからなかったのですが、Yahoo!やgoogle
で検索すると、「ナークスK 届かない」という表示が出ているの
が気になりました。

せっかく購入したのに商品が届かないなんてケシカランと思って
調べたところ、根本的な勘違いをしていることに気づきました。

「商品が届かない」ではなく「手が届かないところも除毛できる
と言う意味だったのです。

例えば、一人で背中をキレイに除毛しようと思ったら大変です。

鏡を見ながらカミソリで剃るなんていうのは怖いですし、誰かに
手伝ってもらいたくても、男の人は嫌だし、母親やきょうだい、
子供などに頼むのも恥ずかしいといった状況かもしれません。

そもそも、一人暮らしだと誰にも頼めないですよね。

除毛ができるというタオルやシェーバーなどの脱毛グッズもあり
ますが、期待したほどの除毛効果が得られない場合も少なくない
ようです。

ナークスKなら、背中にスプレーを掛けて放置するだけですから
手間もかかりません。

ナークスKで効果があったという口コミも多数

一方、ナークスKで除毛ができたと言う口コミも見つかりました。

自宅でお風呂に入っている時にケアするだけで
毛が目立たない綺麗な肌になってきたように思います。
これからも使い続けたいと思います!

スプレーでシュッとするだけで
びっくりするほど毛がなくなって、
とても感動しています。

あまり期待せずに使い始めて2ヶ月後、腕毛が
だんだん細く産毛みたいになってきました。
濃い脇毛も1回の処理で、しっかりと除毛できます!

ナークスケーを使ってからは
処理する頻度が格段に落ちました!

しかも、明らかに除毛クリームより
ムダ毛が生えてくる頻度が遅いですね。

場所によってはムダ毛を見なくなりました・・!

ナークスKを同じように使っているのにも関わらず、どうして、
これほどまで正反対とも言える結果になったのでしょうか?

その理由としては、

  • ナークスKが肌質・毛質に合わない
  • 不適切な使い方をした
  • 過剰な期待を持ちすぎて失望した

などがあげられます。

ナークスKの正しい使い方とは?

ナークスKで除毛を的確に行うには、正しい使い方を知る必要が
あります。

ナークスK付属の説明書に詳しく書かれていますが、簡単です。
脱毛したい部分に以下の3ステップで使用するだけです。

しっかりと効果を出したいからと言って、長時間にわたって使い
続けると肌荒れの原因となるため、長くても10分以内に抑える
必要があります。

ナークスK独自のリキッドクリスタル製法で、肌へのダメージを
最小限に抑えながら、毛穴に浸透していき除毛をしっかりと行う
ことが可能
となりました。

さらには発毛の原因である男性ホルモンの分泌を抑えるはたらき
もあるため、発毛のペースを遅らせることができます。

なお、毛根自体を殺すわけではないので永久脱毛にはなりません。
永久脱毛をしたければ、医療脱毛が唯一の方法です。

⇒こちらでも詳しく説明しています

ナークスKに含まれている成分は?

ナークスKは医薬部外品(薬用化粧品)ですから、薬機法による
全成分公開の義務はありませんが、日本化粧品工業連合会の自主
基準として全成分を公開
しています。

このため、配合成分を一覧にしてみました。

有効成分

  • チオグリコール酸カルシウム

その他の成分

  • セタノール
  • ポリオキシエチレンオレイルエーテル
  • ポリオキシエチレンステアリルエーテル
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • 濃グリセリン
  • ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液
  • アロエ液汁
  • カモミラエキス(1)
  • 加水分解コラーゲン末
  • 1,3-ブチレングリコール
  • 黄色4号
  • 水酸化ナトリウム
  • 精製水

化粧品とは異なり、配合量の多い順番に並べる義務がないため、
最も配合量が多そうな「精製水」が最後に表記されています。

チオグリコール酸カルシウムは除毛剤で一般的に使われる成分と
なりますが、タンパク質を分解するはたらきがあるため、毛だけ
でなく皮膚まで溶かしてしまいます。

「肌を痛めるから、除毛剤を使ってはいけない」
などとサロンやクリニックなどは来店を促すために危険性を煽る
わけですが、すぐに皮膚が溶けるような危険な薬品は薬用化粧品
として許可をされませんので、不安に感じる必要はありません。

19世紀には、濃硫酸をかけて永久脱毛を目指した女性がいたそう
ですが、大やけどで醜いあとを残すことになったと聞きます。

チオグリコール酸カルシウムの濃度や肌に触れる時間を制限する
など、安全性には十分な配慮
がなされています。
逆に言えば、長時間使うほど効果が高いと考えると危険ですので
制限時間はしっかりと守るようにしましょう。

この肌ダメージを軽減するために、アロエやカモミラ、加水分解
コラーゲンなどの成分が配合
されています。

>>ナークスKの詳細はこちら

ナークスKとデリーモのどちらがいい?

「ナークスK」と同じ除毛剤である「デリーモ」を比較検討する
人が多いですね。
あなたもどちらにしようかと思って悩んでいるかもしれません。

値段は、どちらも1本3,980円(税抜き:定価)で同じ。
配合成分もどちらも同じですから、濃度の違いで体感が変わると
いう程度
です。

ナークスKの方が若干チオグリコール酸カルシウムの濃度が低い
印象でしょうか。デリーモで肌荒れが起こった場合にナークスK
にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

また、スプレーの泡立ち方が異なります。

  • ナークスKはキメ細やかな泡
  • デリーモはミクロ状のしっかりした泡

>>ナークスKの詳細はこちら

ナークスKはデリケートゾーンでも使える?

デリーモはVIOゾーンなどのデリケートゾーンでの使用は控える
ように警告していますが、ナークスKはどうなのでしょうか?

ナークスKも公式アナウンスも外陰部や小陰唇などの粘膜エリア
にチオグリコール酸カルシウムが触れると炎症を起こす可能性が
あることから使用を控えるように推奨しています。

しかし、ナークスKをVIOゾーンにも使っている人がいます。

私はVIOにも使ってみたけど、ぜんぜん痛くなかったです。
サッとスプレーするだけで、こんなに除毛できちゃうなんて
嬉しすぎます…^^

デリケートなトコロに使ってますけど問題ないですねー。
その辺の処理はブラジリアンワックスが一番!
って聞いてたけど、ナークスKで十分です。

など、特に問題なく使えている人もいるようです。

ナークスKが粘膜に触れたことで健康被害が生じても自己責任
なりますので、VIOに使う場合は十分に注意してください。

安心して使いたいのであれば、デリケートゾーン専用の除毛剤や
クリームなどを選べば安心ですし、脱毛サロンでVIOゾーンだけ
を部分脱毛してもらうのもいいでしょう。

>>ナークスKの詳細はこちら

ナークスKを最安値で買えるのは楽天?amazon?

ナークスKは店頭では購入できない通販限定商品です。
価格は税抜きで1個3,980円となっています。

amazonや楽天では販売されているときもあれば、全く取り扱い
がない場合もあるという具合に在庫や価格が不安定です。

確実に購入したい場合は公式サイトが安心です。

ナークスKには定期購入はありません。
都度購入のみですから、勝手に商品が送りつけられたり、解約を
したくても電話が繋がらない、解約可能期間ではないなどという
トラブルに巻き込まれる心配もありません。

⇒公式サイトでナークスKを購入