一度できたにきびが、赤みの残るにきび跡になってしまうと、赤みを消すことは、難しいと言われています。
にきび跡の赤み対策をするには、原因を知っておかなければなりません。

にきび跡の赤みには様々なパターンがあるといいます。
よくあるにきび跡の赤みは、にきびを化膿するまで放置したり、赤にきびにしてしまったことが原因です。
赤みに限らず、炎症を起こしたにきびは跡を残しやすいのです。

にきびが消えたように見えつつも、炎症の源は皮膚にあり、それが原因でにきび跡の赤みとして皮膚にできていることがあります。
にきびが表面的な肌トラブルではなく、真皮層に届くような化膿や腫れになっていることがあるのです。

表面だけが治っていて、皮膚の奥の炎症が治っていない場合があるのです。
にきびは治ったように見えても、赤みが残っているのは、このためです。

肌ににきびができたために、血液の流れが悪くなり、周囲に留まっている血が皮膚を赤く見せていることがあります。
にきびの炎症によって、メラニンが生成されていて、これがにきび跡の赤みになっていることもあるようです。

なぜ、自分のにきび跡が赤みになったかを確認できれば、原因に合わせて対策を講じることができるのではないでしょうか。

にきび跡の赤みを消すための方法
にきびかできた場所にいつまでも赤みが残ることがありますが、何かいい解消方法はないものでしょうか。

にきび跡は、肌のターンオーバーがスムーズに行われていれば、徐々に薄くなっていくものです。
皮膚は約28日サイクルで入れ替わっていると言われています。にきび跡の赤みが一向に引かないという人は、お肌のターンオーバーがどこかで滞っている可能性があります。

何年も、にきび跡の赤みが治らない人がたくさんいるので、適切な対処が必要です。
お肌のお手入れをすることも肌の代謝を活発にしますが、体質改善も美肌に効果的です。

食事の改善や、適度な運動、睡眠時間の確保などが重要です。
お肌の代謝は、健康を損ねたり、健康に悪い食事をしたり、睡眠時間が足りていない時などに悪くなり、肌荒れの要因になります。

にきび跡の赤みを消すにも、美肌をキープするためにも、ターンオーバーをスムーズにすることが大切になります。
きれいな肌であり続けるためには、皮膚の再生サイクルをいつも同じにすることです。
皮膚を補修したり、新しくつくったりするために必要な成長ホルモンは、就寝中に生成されています。
とくに肌のゴールデンタイムと呼ばれる、22時から2時は寝るようにする事が重要です。

健康に配慮し、睡眠不足を解消することによって、皮膚の新陳代謝がよくなり、にきび跡の赤みも減らしていくことができます。

にきび跡に赤みが残ったとしても、皮膚のターンオーバーがあれば、赤みの部分は減っていきます。
ターンオーバーを促進するためには、十分な睡眠とともに毎日の食事でしっかりと栄養を摂取することも重要です。

たんぱく質をきちんととることは、特に大事です。
生き物の細胞をつくる上ではたんぱく質は欠かせないもので、髪や皮膚、筋肉など、色々な部分に存在します。新しい皮膚の生成を促す為に、肉や魚、チーズなどの動物性たんぱく質、納豆や豆腐などの植物性たんぱく質を多く摂取しましょう。

にきび跡の赤みを速やかに消すためには、積極的に体を動かし、代謝のいい体をつくることで、皮膚の新旧交代を促進するといいでしょう。
赤みの残る古い皮膚が、新しい皮膚にとって変わられるためには、運動などで体を使い、代謝を活発にして、エネネギーの消費効率をよくしましょう。軽い運動を習慣にすることで、にきび跡の赤みを解消することができるでしょう。

皮膚のターンオーバーを維持するためには、紫外線から皮膚をガードすることも大事です。
化粧水や保湿クリームで、皮膚を乾燥から守ることも代謝にいいでしょう。
ターンオーバーが活発になる時間は、夜10時から2時です。新しい肌がつくられている時間に就寝状態にあることによって、にきび跡の赤みを少しずつ解消していけるでしょう。