ダイエット時にはリバウンドのメカニズムを理解した上で対策をしておくことが必要です。
リバウンドの対策をしておかなければ、ダイエットを終了した途端に体重が元に戻ってしまいます。

努力を重ねてダイエットをしたはずが、リバウンドが起きたために減量分が増量してしまい、ダイエットが無駄に終わったという体験談もあります。
ダイエットとリバウンドを何回も繰り返していると、代謝が低くなって、ダイエット効果自体が現れにくくなります。

リバウンドとは、どういう時に起きるものなのかメカニズムを正しく持っておくことで、ダイエットの成功率が高くなります。

リバウンドが起きるのは、ホメオスタシスという働きを人の体が持っているためです。
ホメオスタシスは、体温や血圧などを維持する機能です。

エネルギー消費量の高い筋肉が減少することによる基礎代謝の低下や、満腹中枢を刺激するレプチンの分泌低下もリバウンドの原因として考えられます。
普段の生活では食事により摂取する栄養量と、ホメオスタシス、基礎代謝、レプチン分泌とのバランスが保たれています。

短期間で体の状態が大幅に変わることは負担が大きいことなので、変動しすぎないように、体の中では今の条件でつり合いをとろうとしています。
体に負担が大きいダイエットをすると、ホメオスタシスは異常事態が発生したと判断して、身体をできるだけ元通りにしようとします。

いきなり環境を変えると、体にとって負担になります。
ダイエットをする時は、少しずつ変えていくことを心がけて、気長にやりましょう。
リバウンド対策を意識したダイエットをする時には、身体に負担がかかりすぎないように、ゆっくりとしたペースで体重を落としていくことです。

どうしてリバウンドが起きるのか、ダイエットをすると停滞期になるのはなぜか、メカニズムを知ることはとても大事です。
ダイエットをした時に発生するリバウンドや、停滞期は、はっきりとしたメカニズムがありますので、知っておくといいでしょう。

食事の供給が途絶えると、人体は代謝を低く抑えることで、少ない食事量で生きていられるようになります。
少ないエネルギーでも生存を可能にするために、人体はエネルギー消費量を少なくしてしまうので、体脂肪が燃焼しづらくなるわけです。

少ないエネルギーを上手に使うためには有効な機能ですが、ダイエットにはまったく逆の効果として働いてしまいます。
ダイエット中に停滞期に入ると、いくらダイエットを頑張っても体重が減少しなくなってしまうので、精神的なダメージも少なくありません。
体重を落としたいからと、好物を口にしない状態が続いたり、お腹がすいても少ししか食べない状態でいると、ストレスも蓄積していきます。

停滞期は、ダイエットを続けていればほぼ確実にやってくるものですので、事前に停滞期への備えをしておくといいでしょう。
ダイエットのために食事量を少なくしていると、筋肉が弱まり、新陳代謝が下がって、体重が減りにくくなります。
カロリー制限によって体重を減らすことは可能ですが、ダイエット前の食事に戻すと、基礎代謝が下がっているため、一気に体重が戻ってしまいます。

リバウンドが起きてしまう問題を解決するためには、エネルギー源として必要な食事量を確保して、同時に運動も行わなければいけません。
運動と食事のバランスが保たれているダイエット内容にすれば、リバウンドの可能性は極めて低くなります。

人間の体にはホメオスタシスという機能が備わっており、せっせとダイエットをしても、リバウンドが起きてしまうのはこのせいです。
ホメオスタシスは体内に少ししかエネルギーが入っていない状態になったときに、それでも身体を維持するためにエネルギー消費を減少させる現象です。

人の体は、ホメオスタシスがあるお陰で、何日も食事が得られない状態になっても新陳代謝を低くすることで身体が消費するエネルギーを抑制できます。
命をつなぐためには非常に大事なものですが、ダイエットを進める上では不都合です。
体重を減らしても身体に過度な負担がかからないようにすることが、ダイエット後にリバウンドを起こさないためのポイントです。

ダイエットをている時に、ホメオスタシスが働き始めると、停滞期と呼ばれる期間に差しかかります。ダイエットの効果が実感しづらくなる時期です。
停滞期になると、ダイエットへのモチベーションがなくなって、減らしていた食事をこれまでどおり食べるようになるような人もいますが、それがリバウンドの原因になります。
食事は以前と同じで何ら変わらないのに、ダイエット前よりも体重が増えるようになってしまいます。

ダイエット後にリバウンドするというのは、以上のメカニズムが関わっています。
ホメオスタシスが機能している停滞期中も、ダイエット時と同様の食生活や運動量を維持するように心がけましょう。

ホメオスタシスが働いている間はダイエットへのやる気も低下しがちですが、自分のペースで続けましょう。
どうしてリバウンドが起きるのかを知り、停滞期に入ってもダイエットを持続する意欲を持つことができれば、体重がまた減るようになります。