ハイ!調製豆乳公式サイト
https://www.soyafarm.com/

豆乳の効果、効能は?

効果や効能が注目されることが多い「豆乳」ですが、スーパーなど
で手軽に購入できる一方で、飲みづらいことから苦手意識も感じて
いるかもしれません。

タンパク質やカルシウムが豊富に含まれていますし、同様の栄養分
を持つ牛乳とは異なり、乳糖が含まれていませんので、牛乳を飲む
と下痢や軟便をしやすくなる体質の人でも、豆乳であれば安心して
飲む
ことができます。

豆乳を飲むことで得られる効果としては、

  • ダイエット
  • 美肌
  • 便秘改善
  • 生理痛緩和
  • 更年期障害対策
  • バストアップ

など、年代を問わず、女性が喜ぶ作用が並んでいますし、男性でも
生活習慣病の原因の一つである悪玉コレステロール低下作用がある
ことから、豆乳を飲み続けることで健康維持に役立ちます。

なお、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、1日あたりの摂取可能
量は40mg~50mg(日本人の1日の平均摂取量は18mg)となって
おり、多少、多く摂取した程度では体内に吸収されずに、そのまま
排出
されることから心配する必要はありません。

>>ハイ!調製豆乳の詳細を確認する

調製豆乳・調整豆乳と無調整の豆乳との違いは?

牛乳に成分無調整牛乳と成分調整牛乳、低脂肪牛乳、無脂肪牛乳が
あるのと同じように、豆乳には

  • 調製豆乳
  • (無調整)豆乳

という2種類が存在します。

なお、「調整豆乳」は存在しませんが、ネットショップやスーパー
などでも誤植として見かけますし、無調整だから逆は調整だろうと
考えるのが普通ですが、JAS法によって無調整豆乳と調製豆乳のみ
が豆乳としての販売を認められている
ため、どちらにも当てはまら
ない「調整豆乳」は販売できません。

法律の融通がきかない悪い部分とも言えますが、改正される様子も
ないことから、今後も「調整豆乳」は出てこないでしょう。

「調製」という名前から、何かしらの成分調整を行っているものと
予想できますが、具体的にどう違うのかわかりにくいと思っている
のではないでしょうか。

調製豆乳と無調整豆乳との違いは、JAS法で厳密に決められており、

調製豆乳 無調整豆乳
大豆固定分 6%以上 8%以上
大豆タンパク質 3%以上 3.8%以上
原材料 大豆、水、添加物 大豆、水のみ

となっています。

どちらかが一方的に優れているというわけではなく、調製豆乳では
大豆固定分や大豆タンパク質が無調整豆乳より少ないので駄目など
いうことはありません。個々の製品で判断する必要があります。

>>ハイ!調製豆乳の詳細を確認する

ハイ!調製豆乳には効果や効能はあるの?

「はい!はい!はいはいはい!あるある探検隊!」
なんてギャグがあったことも忘れているかもしれませんね。

「あるある探検隊」がブームになったのが2004年ですから、完全
に忘れてしまってもおかしくありませんし、そもそも知らない人が
増えているのも当然かもしれません。

ハイ!調製豆乳」は、不二製油が製造販売している調製豆乳です
が、製油会社としてイメージしがちな原油やガソリン、軽油や灯油
などは一切扱っておらず、食用油や油脂製品などを製造・販売して
いるメーカーです。

「ハイ!調製豆乳」は、飲むだけで悪玉コレステロール値を下げる
効果が認められた特定保健用食品(トクホ)の調製豆乳
です。

特定保健用食品とは、有効性、安全性などの科学的根拠を示して、
国の審査のもとに消費者庁の許可を受けた食品となっており、その
効果や効能が認められています。

一般的な健康食品やサプリメントは法的根拠が無いために、効能や
効果があるかどうかは分かりませんが、トクホは薬ほどの即効性は
ないとしても効果が認められていますし、効き目が穏やかな分だけ
副作用のリスクも低く、安全に摂取することができます。

なお、悪玉コレステロールの低下以外の豆乳が持つ一般的な効能や
効果に関しては健康食品と同レベルとなりますので、体にはいいと
いうレベルだと考えておくと無難でしょう。

「ハイ!調製豆乳」1本200mlあたりの成分
エネルギー:105kcal
たんぱく質:7.6g
脂質:6.4g
炭水化物:4.2g
ナトリウム:150mg
カルシウム:100mg
マグネシウム:30mg
ビタミンE:8.0mg
コレステロール:0mg
(関与成分)
大豆たんぱく質:6.0g
大豆イソフラボンアグリコンとして:16mg

「ハイ!調製豆乳」1本200mlあたり大豆イソフラボンアグリコン
が16mg
が含まれています。

食品から摂取するイソフラボンと合わせると、1日1本~2本程度で
十分と考えられます。

無調整豆乳は独特の青臭さや豆臭さ、風味が苦手だし、調製豆乳は
カロリーの高さや添加物に人工甘味料やキサンタンが含まれている
ので危険などと言われますが、ハイ!調製豆乳では特許を取得した
新クリアー製法」を用いて調製豆乳を製造しています。

新クリアー製法を用いることで、大豆独特の青臭さやざらつきなど
が気にならなくなる一方、調製豆乳にありがちな大豆本来の風味や
味わいが失われる心配はありません。

>>ハイ!調製豆乳の詳細を確認する

ハイ!調製豆乳を飲み過ぎると更に健康になれるの?

「ハイ!調製豆乳」を飲むと健康に良さそうな事はわかったとして
毎日、5本、10本と飲めば、より健康になると考える人もいますが
本当に正しいのでしょうか?

結論から言うと「過剰摂取」となってしまい、健康になるどころか
健康被害が出る危険
があります。

ハイ!調製豆乳だけでなく、一般的な豆乳などでも当てはまります
が、大豆イソフラボンの大量摂取を続けていると、

  • ホルモンバランスの崩れ(特に女性)
  • 摂取カロリー超過による肥満
  • 大豆アレルギーの発症
  • 腸内環境の悪化(下痢、軟便、腹部膨満感)

などの健康被害を引き起こすおそれがありますので、不足するのも
だめですが、取りすぎるのは逆効果
です。

調製豆乳には添加物が含まれているから有害などという意見もあり
ますが、たとえ1滴・1粒でも体内に入れたら死亡するような添加物
は毒物ですから添加物として認められませんし、添加物を毎日大量
に飲み食いするような過剰摂取でもしない限りは、体内への影響を
心配する必要はありません。

なお、大豆アレルギーは言うまでもなく、添加物に対して敏感な人
はいますので、その場合には、少量を摂取しただけでも健康被害が
生じる可能性があります。

過去に体調不良などの経験がある人は様子を見ながら試してみるか
飲用自体を避けたほうが無難です。

>>ハイ!調製豆乳の詳細を確認する

ハイ!調製豆乳はどこで買えるの?

ハイ!調製豆乳はスーパーやデパート、ドラッグストアなどで購入
することはできません。

ハイ!調製豆乳はネット通販でのみ購入可能です。

amazonと楽天市場では、不二製油直営の「ソヤファームクラブ
が出店しており、30本入1箱4,860円(消費税込み)+送料で購入
できます。1本あたり162円(送料別)となりますね。

1リットル入りの一般的な豆乳と比べると割高に感じるかもしれま
せんが、トクホの調製豆乳では他社よりも安い水準といえます。

amazonと楽天市場では単品購入しか選べませんが、ソヤファーム
クラブでは単品購入以外に定期購入も選ぶことができます。

定期購入は初回を含めて最低3回以上の継続が条件となりますが、
送料無料となり、初回は半額の1箱2,430円、2回目以降は購入量
によって最大20%OFF
とお得になります。

10%OFFでも1本あたり145円、20%OFFだと129円です。

1日頃・5日頃・10日頃・15日頃・20日頃・25日頃から配送日を
選べますし、飲むペースに合わせて次回の配達を早め・遅めに調整
したり、定期購入を1回休むことも可能です。

>>ハイ!調製豆乳を試してみる