自宅でもワキや二の腕などの黒ずみ、ブツブツ対策が手軽にできる
ことで人気の薬用アットベリー

黒ずみケアコスメを対象としたアンケート調査でも高い人気がある
ことが実証されたわけですが、薬用アットベリーに満足していない
人がいることも事実
です。

薬用アットベリーに対して不満を抱えている理由と、満足に変える
ことが可能なのかを調べました。

薬用アットベリー公式サイトURL
http://www.at-berry.jp/

薬用アットベリーの口コミは不満だらけ?

薬用アットベリーに対して不満のある人の口コミをまとめました。

不満の口コミ

一個使い終わる頃ですが、
特に美白に効果がある感じは無いです。

ただのボディーゲルな割には
高価なのでもう購入はしません。

ひりついたりなどは無く
低刺激だと思うので、
肌の弱い人には良いと思います。

デリケートゾーンの黒ずみも治したい
と思い薬用アットベリーを購入しました。

2か月使っても効果なし。
半年使っても今一つかなという感じです。

届いたその日から使ってるので
3週間くらい経ってますが
効果は今の所微妙です。

肌には優しい成分とのことでしたが、
使っていたらかゆくなりました。

わたしには成分が合わなかったです。

>>さらに口コミを見る

満足の口コミ

体に何ヶ所か黒ずんだ傷跡が
残っているので、そこに使ってます。

跡の解消だけでなく、
保湿もしっかりしてくれるので
助かってます!

首の黒ずみが気になり
半信半疑で購入しました。

今で2週間くらい毎日お風呂上がりと
朝起きてからで1日2回塗り込んでいます。

多少首の黒ずみが
薄くなってきたような気がします!!

このまま塗り続けてみようかなと思います。

匂いも気にならない
シャンプーにありそうな匂いですので
塗って出掛けても大丈夫だと思います。

黒ずみに悩んでいたので
買って本当によかった!

少し値がはるのが気になるところですが、
効果がある分納得はいきます。

>>さらに口コミを見る

薬用アットベリーの評判は本当は悪い?

口コミサイトでの薬用アットベリーの評価などから、評判を探って
みました。

高評価が多いことがわかります。


また、利用者アンケートでは、大多数が満足しています。

更に、薬用アットベリーは雑誌などでも紹介されています。

>>薬用アットベリーの詳細はこちら

薬用アットベリーの成分はどうなっている?

薬用アットベリーは薬用化粧品(医薬部外品)のため、有効成分と
その他の成分に分かれています。

有効成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 水溶性プラセンタエキス

グリチルリチン酸ジカリウムは、美白(※)化粧品ではおなじみの
成分となっており、抗炎症作用・抗アレルギー作用があります。

また、水溶性プラセンタはエイジングケアやシミ予防に役立つ成分
であり、こちらも、美白(※)化粧品で配合されることが多い成分
となっています。保湿効果も知られています。

(※)メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

その他の成分

赤字は、「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典」で毒性が
高いと指摘されている成分です。

  • トレハロース
  • アラントイン
  • 天然ビタミンE
  • 天草フラボノイド
  • ステアロイルフィトスフィンゴシン
  • 加水分解エラスチン液
  • 水溶性コラーゲン液-4
  • 加水分解コラーゲン末
  • ヒアルロン酸ナトリウム-2
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • 人参エキス
  • トウキエキス-1
  • エイジツエキス
  • ワレモコウエキス
  • 桑エキス
  • シャクヤクエキス
  • アロエエキス-1
  • クララエキス-1
  • カルボキシビニルポリマー
  • 水酸化カリウム
  • ブチレングリコール
  • フェノキシエタノール
  • 1,2-ペンタンジオール
  • トリメチルグリシン
  • 濃グリセリン
  • キサンタンガム
  • ステアリン酸POE(20)ソルビタン(合成界面活性剤)
  • エチルヘキサン酸セチル
  • 精製水
  • 香料

保湿成分、天然成分が豊富に含まれていることがわかります。

ステアリン酸POE(20)ソルビタンは使用実績も長く、幅広く化粧品
に使用されている成分です。
これまでに皮膚に関する問題が起こっていないことからも、毒性に
ついて心配しなくても良いでしょう。

>>薬用アットベリーの詳細はこちら

薬用アットベリーで効果を得るためには?

薬用アットベリーは医薬品ではないため、即効性はありません。
数ヶ月間にわたって塗り続けて、様子を見るのがベストです。

新たな黒ずみやシミの発生を予防しながら、ターンオーバーを促し
メラニンを含んだ角質を排出するため、年齢を重ねるほどにターン
オーバーに時間がかかるようになります
ので、黒ずみやシミなどが
目立たなくなるまでに必要な時間も増えていきます。

早い人だと1週間、2週間程度で実感する一方、遅い人だと数カ月
後にようやくといった具合に個人差が大きいです。

不安なことがあれば個別サポート(コンシェルジュサポート)が
用意されていますので、電話やメールで質問すると安心です。

慌てることなく、根気よく行きましょう。

>>薬用アットベリーの詳細はこちら

薬用アットベリーの販売店は?どこの薬局で買える?

薬用アットベリーは、どこで買うことができるのでしょうか?
近所の薬局やドラッグストアなどで買えたら便利ですよね。

薬用アットベリー販売元に確認したところ、店頭での販売は行って
いない
とのことでした。

自社サイトで直売しているとのことでしたが、他の店舗での販売が
されていないかを確認したところ、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などでも購入できることを確認しました。

在庫状況や競合業者により価格は変動しますが、安くて6,000円台
で購入できるようです。

一方、公式サイトで定期購入にすると、初回2,980円(税抜き)、
2回目以降は5,440円とamazonなどで買うよりも安くなります。

最低購入回数2回の制限はありますが、初回分には返金保証があり
ますので、薬用アットベリーに満足できなかった場合も安心です。

>>薬用アットベリーの詳細はこちら