妊娠中や出産後、更年期などにできたシミで悩んでいませんか?

いったんできたシミが沈着して残ってしまうと、メイクで隠すのに
時間がかかるようになりますし、メイクが濃くなることで肌荒れが
ひどくなるといった具合に、心配がつきません。

あなたも今までにシミケアや美白(※)ケア化粧品やサプリなどを
使ってきたと思いますが、期待通りの成果が得られなかったのでは
ないでしょうか?
(※)メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

そこで、産後や更年期のシミに悩む女性たちに人気の薬用化粧品が
マルガレッタ」。

オールインワンクリームナイトクリームがセットになっています。

10秒でシミ対策が完了
するとのことですが、果たして本当なのでしょうか?

マルガレッタ公式サイトURL
https://margaretha.jp/shopping/

マルガレッタの口コミ評判は最悪?

まずは、マルガレッタ利用者の口コミを集めました。

良い口コミ

肌に着けた瞬間からすぅっと肌に吸収されて、
ベタつきもなく感触はなかなか。

使ってすぐは
「ちょっと潤いがたりないかな?」
という感じだったんですが、
30分位経った頃から
肌の奥の方からじわりじわりと
潤いがにじみ出てきます。

これまでに使ってきた潤い化粧品は
肌の表面に水分を乗せるだけという
印象だったのですが、
この商品は肌本来の水分がわき上がるように、
自然で長く持続する感覚を味わえます。

今まで感じた事の無い感覚ですが、
これがホントの肌の力なんだな~
と実感出来ました!

育児で時間が無い中でも
さっと使用できることが
気に入っています。

いい香りで癒されるので、
ちょっとしたリラックスタイムにも
なっています。

肌トラブルが改善され、
ストレスも減ったのか、
育児にも余裕を持てるように
なりました!

毎日忙しくて嫌になりそうでしたが、
オールインワンで手軽にお肌のケアが
完了してしまう

マルガレッタに変えてから、
前よりも時間に余裕が生まれて
良かったです。

悪い口コミ

スキンケアはブランドのライン使いと
決めているので、
出産前と変わらずスキンケアを行い、
そこに+してマルガレッタを使っていました。

そもそもスキンケアアイテムには
満足していたので、
そこまで大きな効果は感じられませんでした。

私の肌に合わないのか、使用すると
痒みを感じてしまいました。

また、赤くなり、湿疹のようなものも
出てしまい、
成分を確認してから購入するべきだったと
後悔しました。

もう使用することはないですね。

これからシミに効果があるのかも
しれませんが、
シミが濃くなった気がします。

マルガレッタの配合成分に危険なものは含まれている?

マルガレッタに配合されている成分を一覧にまとめました。
マルガレッタは薬用化粧品のため「有効成分」と「その他の成分
にわかれています。

赤字は、「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典」で毒性が
高いと指摘されている成分です。

オールインワンゲル

有効成分

  • ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F
  • グリチルリチン酸ジカリウム

その他の成分

  • 精製水
  • 1,3-ブチレングリコール
  • 濃グリセリン
  • マルチトール液
  • トリメチルグリシン
  • 植物性スクワラン
  • マカデミアナッツ油
  • メマツヨイグサ抽出液
  • カンゾウフラボノイド
  • オウゴンエキス
  • アルピニアカマツダイ種子エキス
  • タイソウエキス
  • 水溶性コラーゲン(F)
  • 水素添加大豆リン脂質(合成界面活性剤)
  • N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・
    2-オクチルドデシル)
  • 1,2-ヘキサンジオール・1,2-オクタンジオール混合物
  • 1,2-ペンタンジオール(溶剤)
  • アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体(合成ポリマー)
  • カルボキシビニルポリマー(合成ポリマー)
  • ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液(キレート剤)
  • フェノキシエタノール(防腐剤)
  • 天然ビタミンE
  • 水酸化カリウム
  • 香料

グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビケアではお馴染みの成分で
肌荒れを防ぐ抗炎症作用や抗アレルギー作用があるために、乱れた
ターンオーバーを正常化することで、黒ずみやシミができにくい肌
にするはたらきがあります。

そこにニチレイバイオサイレンスが開発した、「ニチレイ・水溶性
プラセンタエキスB-F
」(水溶性プラセンタ)で美白(※)、美肌
エイジングケアを行うという流れになっています。

(※)メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

敏感肌でもトラブルなく使えているという口コミは多かったですが
気になるようであればパッチテストをしておきましょう。
オールインワン化粧品で見られることの多い「保湿力の弱さ」も、
マルガレッタでは気にならない
と答える人が多いです。

化粧品毒性判定事典は「水素添加大豆リン脂質」を合成界面活性剤
と判定していますが、正しくは「天然界面活性剤」です。

天然でも人工でも界面活性剤を使うこと自体が論外だという意見も
ありますが、マルガレッタでは乳化剤や保湿剤として使用しており
濃度も低いと思われることから、皮膚バリアを破壊するなどという
問題が出る可能性は極めて低いです。

合成ポリマーは、毛穴を詰まらせたり皮膚呼吸を妨げるなどという
デマが行き交っていますが、完全なデタラメです。
そもそも密封性がないのにラップのように肌をカバーできるわけが
ありません。

>>マルガレッタの詳細はこちら

ナイトクリーム

有効成分

  • トラネキサム酸

その他の成分

  • 精製水
  • 濃グリセリン
  • ベヘニルアルコール
  • 1,3-ブチレングリコール
  • ジグリセリン
  • グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液
  • マカデミアナッツ油
  • 自己乳化型モノステアリン酸グリセリル(合成界面活性剤)
  • シュガースクワラン
  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • メドウフォーム油
  • ホホバ油
  • パルミチン酸イソプロピル
  • 2-エチルヘキサン酸セチル
  • ミリスチン酸オクチルドデシル
  • モノステアリン酸ソルビタン(合成界面活性剤)
  • 1,2-ペンタンジオール(溶剤)
  • N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル
    ・2-オクチルドデシル)
  • ステアリン酸
  • マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
  • キサンタンガム
  • グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル
  • カルボキシビニルポリマー(合成ポリマー)
  • モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン
    (20E.O.)(ポリソルベート60)
    (合成界面活性剤)
  • メチルポリシロキサン(合成ポリマー)
  • フェノキシエタノール(防腐剤)
  • d-δ-トコフェロール
  • 天然ビタミンE
  • 水酸化カリウム

トラネキサム酸は、医薬品でも広く使用されている成分であって、
止血剤や抗炎症剤として使われています。

マルガレッタではシミ対策としてメラニンの生成を抑えて、しみ、
そばかすを防ぐための配合されていますが、濃度は医学的な効果が
認められた2~3%は配合されていないと思われます
ので、即効性
を期待することはできません。

その分を保湿ケア成分や美容成分、植物成分などでサポートすると
いう流れになっています。

自己乳化型モノステアリン酸グリセリル(ステアリン酸グリセリル)
モノステアリン酸ソルビタン(ステアリン酸ソルビタン)、更には
モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)(ポリ
ソルベート60)は化粧品毒性判定事典では「毒性が高い」と判定を
していますが、安全性データや試験結果をみるかぎりでは、毒性は
ほとんどありません。

実際の使用で影響を受ける心配は少ないでしょう。

>>マルガレッタの詳細はこちら

副作用の心配は?

マルガレッタ(オールインワン、ナイトクリーム)で副作用が出る
心配はあるのでしょうか?

肌質によっては保湿過剰となって脂分が溢れ出すことでトラブルに
なったり、乾燥不足で肌荒れがおさまらない、シミが消えないなど
といった可能性があります。

また、食物アレルギーと同様に、肌アレルギーが起こる場合もあり
ますので、植物成分が数多く配合されているマルガレッタの場合は
特に注意が必要
です。

成分一覧をチェックして、アレルゲンが含まれていないかを事前に
確認しておくといいでしょう。

口コミでも肌荒れが起こったという報告がありましたので、今まで
に別の化粧品などで肌荒れが起きた経験がある人はパッチテストを
念入りにしておいたほうが安心です。

30日間返金保証もありますので、手軽に試せますね。

>>マルガレッタの詳細はこちら

シミウスとマルガレッタだったらどっちが効果的?

マルガレッタを検討している人の多くはシミウスオールインワン
気になっているようです。

シミウスに配合されている成分はマルガレッタと似たような構成と
なっていますが、マルガレッタナイトクリームにトラネキサム酸が
配合されている分のをはじめとして、マルガレッタの方が配合成分
の数は多め
です。

シミウスもオールインワンだけでなくラインアップが豊富ですから
複数の種類を組み合わせれば、似たような構成にはできますが値段
が割高になるのがネック
ですね。

なお、どちらも成分の濃度は公開していませんので、濃度が低いと
効果は弱くなるでしょうし、濃ければ効き目は強まります。

どちらかを先に試すというのであれば、値段が安くて返金保証つき
のマルガレッタから始めたほうが良い
でしょう。

マルガレッタで納得できなければシミウスを試してみるという流れ
でいいのではないでしょうか?

>>マルガレッタの詳細はこちら

マルガレッタの販売店は?最安値はamazon?楽天?

マルガレッタは、公式サイト以外では販売されていません。
amazonや楽天などでも売られていませんでした。

このため、選択肢は「公式サイト」しかありません。

マルガレッタは、オールインワンとナイトクリームのセット販売と
なっており、別々に購入することはできません。

日中と夜間で使い分けることで継続的なシミ対策を行うからです。

値段は、セットで7,980円(税抜き)となりますが、定期購入だと
初回1,980円、2回目以降は3,980円
で続けられます。

初回受け取り後、2回目商品お届け予定日の6日目までに、電話にて
「返金保証をしたい」と申請すれば、返金保証が受けられますので
肌トラブルなどが起こって使用を中止した場合でも安心です。

>>マルガレッタを購入する

定期購入の解約は簡単?

マルガレッタの定期購入の解約は電話とメールで可能です。
毎月の締切日は、次回配達予定日の6日前となります。

電話の場合

その場で解約手続きは完了します。

連絡先:0120-12-0930
受付時間:平日10:00~18:00(土休日は休み)

メールの場合

必要事項(商品名、名前、電話番号、解約理由)を記入の上、以下
の宛先にメールをします。

連絡先:info@margaretha.jp

受付は24時間、年中無休ですが、担当者の出社時間内にて手続きを
行いますので、担当者の手続完了の返信メールが届いた時点で解約
手続きが完了となり、電話と比べて数日遅れる場合があります。

週末や大型連休、年末年始、お盆などの場合には、手続きの完了が
締切日を過ぎる可能性がありますので、急ぎの場合は電話のほうが
良いです。

>>マルガレッタの詳細はこちら